彼がマリッジブルーになったときの対処法とは?優しく待ってあげて。

WEDDING

私ではなく、彼がマリッジブルー……。
目の前で彼が「本当にやっていけるかな?」「大丈夫かな……。」などと落ち込んでいたら、本当はバシっと叱ってあげたいところ!
これから一家の大黒柱になる人がマリッジブルーというのは、自分まで憂鬱な気持ちになってしまいますよね。
今、彼はメンタルが弱っている状態……。
そんなときは、優しく、ふわっと包み込んであげるしかないのではないでしょうか。
今回は、彼がマリッジブルーになったときの対処法をご紹介します。

彼がマリッジブルーになったときの対処法#1「基本的には放っておく」

見つめる彼

彼がマリッジブルーになったとき何が一番心配になるでしょう?
きっと彼が弱りすぎて婚約破棄になることを恐れているはずです。
今まで積み重ねてきたものが一瞬で崩れる姿を想像すると、彼には一日でも早く復活してもらいたいと思いませんか?

しかしマリッジブルーは、いざとなれば覚悟が決まります。
よほど精神的な部分で厳しくない限り、さすがに婚約破棄とはならないでしょう。
仮にそんな事態に陥ったら、もっと怒っても構いません。
これからどうなるのか不安な気持ちは分かりますが、今はとにかくそっとしておくこと!

放置するしかありません。
あれこれしてあげても、今の彼にとっては負担になるだけ……。
自然と急浮上するように、優しく見守ってあげましょう。
気分は彼の母親のつもりで!
子どもが落ち込んだら、うるさくいうよりも自分で乗り越えてくれるのを待つのが一番の対処法ではないでしょうか。

彼がマリッジブルーになったときの対処法#2「一緒になって不安がらない」

彼を励ます彼女

彼がマリッジブルーになっているとき、できれば彼女は安定したままでいてほしい。
なぜなら、どちらとも弱ってしまうと、話し合いをしてもうまくいかなくなる可能性があるからです。

「やっぱり、婚約は中止しよう」と間違った方向に行ったら、きっとお互いに後悔します。彼のメンタルが不安定になろうとも基本的に放置しましょう。
自分は自分のペースで過ごしながら、マイナスな方向へと引きずられないように軸をしっかりもっていることが大切ですよ。
この一緒になって不安がらないというのも、彼がマリッジブルーになったときの対処法の一つ!

「彼が落ち込んでいても、私は結婚する」と、はっきりと覚悟しておくだけでも、彼を優しくリードできますよ。
落ち込んでいる人を前へと引っ張るのは、自分自身がしっかりしていないとできないことではないでしょうか。

一緒に不安がっていたら、お互いに何を信じていいのか分からなくなりますよ。
相手が落ち込んでしまっているからこそ、今は彼女がリードしてあげる時期です。
おしりを叩いて無理やり前に歩かせるというよりも、そっと背中を押してあげるくらいの感覚で♡
くれぐれもきつく叱らないであげてくださいね。

彼がマリッジブルーになったときの対処法#3「彼を責めずに優しく包み込む」

笑顔のカップル

結婚というのは、二人にとって重要なライフイベントです。
失敗(離婚)してはいけない、というルールはもちろんありませんが、結婚をするときは誰もが永遠の愛を誓い、寄り添うことを前提としています。

彼は彼女とは違い、一家の大黒柱になる存在!
本当に自分の稼ぎだけで奥さんを守れるのか、子どもが生まれたらやっていけるのか、不安で仕方がないでしょう。
大黒柱だからこそ、今はどうしてもプレッシャーを感じてしまう時期なのかもしれません。
でも逆にいえば、彼はそれだけしっかり将来について考えているということ♡

決して「ノリ」で結婚しようとは思っていない証拠です。
彼女のことを本気で愛しているからこそ、今は深く悩んでしまっている状態……。
彼に何かしてあげるというよりも、自分で前に進みだすきっかけをつくってあげたり、自然に急浮上するのを優しく待ってあげたりするしかないのです。

彼がマリッジブルーになったときの対処法として、彼を責めたりしないこと!
マリッジブルーの彼を怒れば、事態は悪い方向へと進んでしまいます。

彼がマリッジブルーになったときの対処法#4「一緒に気分転換をする」

ニューヨークの街並み

彼がマリッジブルーになっているなら、ぜひ一緒に気分転換を♪
一緒に落ち込むのではなく、外へ行ってリフレッシュしてみてください。
彼の体調に合わせて、行く場所をセレクトするのもいいのではないでしょうか。

「今日はメンタル的に少しだるいかな」と言うなら、コーヒーショップでお茶をするだけでも外の空気が吸えて、お互い身体が楽になれます。
いつもより調子がいいなら、海へ行ったり、ドライブしたりと通常のデートを楽しみましょう。

ここで、ポイントなのがデートしている間は、結婚に関する話題は、あえて避けること!
「大丈夫そう?」「そろそろしっかりしてよ!」と、たとえ冗談だったとしても、結婚に触れることは、今の彼にとってストレスになります。

あまり期待をしすぎるのもよくないですが、今はとにかく彼を信じてあげることが一番の対処法♡
「きっと二人なら大丈夫」と思いながら、彼とのデートの時間を楽しんでください。
彼も、あえて話題に触れない彼女の気遣いに気づいていますよ。

彼がマリッジブルーになったときの対処法#5「友達と会ってリフレッシュする」

女子会

マリッジブルーになっている彼は、基本的に放置しましょう。
「今は一人でいたい」とか「しばらく放っておいてほしい」と言うなら、その通りに動くだけでOK!
婚約破棄されても、その時考えればいいのです。

今は彼を忘れる時間が、あなたにも必要!
家族以外に悩みを打ち明けられる人はいますか?
今、自分が思っていることや苦労していることを打ち明けてみては?
たとえ相手から本格的なアドバイスをもらえなくても、友人とお茶しているだけで気分が紛れますよ。

もしかしたら、彼女の何気ない発言からヒントをもらえるかもしれません。
相手がすでに結婚していて、なおかつマリッジブルーを乗り越えているなら、貴重なアドバイスをもらえます。

今は彼と一緒に過ごしても、喧嘩をするだけ……。
お互いに繊細な状態で話し合うのは危険すぎます。
たまには友達と会って、リフレッシュすることも対処法として◎
彼から離れるだけで、ストレス解消になりますよ。

彼がマリッジブルーになったときの対処法#6「ママと会って思いきり愚痴をいう」

ママと娘

最後にご紹介する、彼がマリッジブルーになったときの対処法は、ママと会って思いきり愚痴をいうという方法です。
ママがまだ元気でしかも、近くに住んでいるならママに連絡!
友達親子のような関係だと、悩みをそのまま打ち明けられて、スッキリします。
「あの人、本当にあり得ないんだけど」ときつい言葉を吐いても、ニコニコしながら娘の愚痴を聞いてくれるでしょう。

ママは、ママでもあり人生の先輩でもあります。
今とは違い、昔は女性の自由がそこまで許されなかった時代……。
大変な時期を乗り越えてきたママなら、的確な意見をいってくれるのではないでしょうか。
大人の意見は同世代の意見よりも、やはり参考になりますよ。

人生経験を積んできている人の意見は、いつも筋が通っているのです。
ママとお買い物したり、美味しいものを食べたり……。
いずれはママから離れて、自分の家庭をもつ流れにはなっていますが、甘えられるときは甘えることも大事♡

自分の家族は、彼との関係が不安定になろうとも側にいてくれます。
いざとなったら頼りにしていい!
きっとママもそうやって娘がたくましくなる姿を見守っています。

本当は自分だって、マリッジブルー……。
彼でいいのか、彼の家族に馴染めるのか、不安で仕方がないはずです。
ママの側から離れたくないし、ずっとママの娘のままでいたい!
彼に頼りたいのに、自分が彼をリードしなければいけない状況はストレスフルですよね。
とはいえ、彼が優しいからこそマリッジブルーになるのかもしれません。
「結論をせかさないこと」「優しく待ってあげること」「基本的に放置すること」この3つを守りながら、彼との距離をとっていれば、きっと数週間後には結婚式の準備を始められるでしょう♡