美女が言われても嬉しくない言葉4つ

LOVE

紳士淑女のみなさんは、美しい人を前にしたとき、思わず褒め言葉を掛けることってあると思います。
ところが、美女は褒め言葉なんて、日々言われすぎて 「耳タコ」 状態なのです。
あなたは褒めているつもりでも、美女からしてみると、全くプラス効果のない意味なしフレーズかも……!?

みんなに平等に「可愛いね!」

“この子、すごく可愛い!でも、ひとりだけに可愛いって言ったら、他の子に失礼だよな……”

人の良いアナタはこんな風に思って、つい「みんな可愛いね」と言っていませんか?

もちろん美女も、自分だけ「可愛い」と言われたら、他の子がイヤな気分になることは十分理解しています。
でも、それでもあえて自分だけを「可愛い」と言ってくれるくらいのリスクを背負える男性じゃないと、美女はその言葉を信用することができないのです。
同じ「可愛い」という言葉にも、特別感を求めたいのが美女の本音。

中でも美女が嫌いなのは、ノリやゴキゲン取りで「可愛いね!」と言ってくるパターン。

日々「可愛いね!」と言われ慣れている美女は、それが心のこもった褒め言葉なのか、それともただのノリなのか、鋭く見抜いています。
安易な褒め方は逆効果ですよ。

「苦労してなさそうだよね!」

「なんてキレイなんだ!苦労しているとは思えない!」
そんな純粋でポジティブな意味で、「苦労していなさそうだよね」と遠回しに言うこと、あると思います。

たしかにフツーの女子は「今日疲れてるね」なんて言われるより、「苦労していなさそうだよね!」と言われる方が、「キレイ」って思われているみたいで嬉しいです。

ところが美女からすると、このフレーズも言われすぎて 「耳タコ」。
むしろ「あなたに私の何がわかるの?」と、イラッとするんだそう。

美女は美女なりに、フツーの人には降り掛かることのない、「妬み」や「僻み」、偏見や勝手な先入観によって、傷ついたり、苦労することもたくさんあるのです。

それなのに、そんな事情を少しも理解しようとせずに「苦労していなさそうだよね!」なんて、見当違いもいいとこなのです。

「男に困ってなさそうだよね!」

「これだけ美人だと、相当モテるんだろうな……」という単純なイメージで、「男に困っていなさそうだよね!」と言っていませんか?

フツーの女子にとっては「すごく可愛いからモテそう♡」というプラスの褒め言葉も、美女からすると「バカにしているの?」とカチンとくるんだそう。

なぜなら、美女たるものどうでもいい相手からの「モテ」になんて、価値を見出さないからです。

美しい女性はモテるに決まっているし、大勢から口説かれるに決まっているのです。
それでも大勢の恋人候補の中から、自分を幸せにしてくれる人、自分のことを本気で愛してくれる人を、日々真剣に探しているのです。

そんな美女の悩みを想像すらできない男性に、「私を幸せにすることなんて到底できない!」と、ちょっとした発言も聞き逃さず、密かにふるいにかけているのです。

「なんかさ、愛人にいそうだよね!」

「こんなに素晴らしい人を目の前にしたら、きっと既婚者も心を奪われてしまうだろう……」と思って、ついポロッと「なんかさ、愛人にいそうだよね!」なんて言っていませんか?
残念ながら、間違いなく美女から嫌われます。

どんな絶世の美女も、ひとりの女性です。
結婚だってしたいし、誰かの1番であり続けたいのです。

“魅力的な美女には、既婚者もつい心奪われる……”ここまでは合っています。でも「愛人」なんて、女性には絶対言ってはダメです。

また、中には 自分はすごい人間なんだと言いたいがために、あたかも美女の性格を見抜いているような言い方で「2番目にされそう」「結婚できなさそう」などと、マウンティングを仕掛けてくる男性もいるんだとか。

二度と会いたくない!と思われる爆弾フレーズなので、自重しましょうね。

いかがでしたか?
美女には美女の生き方があり、美女ならでは悩みがあり、美女なりの幸せがあるのです。
美女とお近づきになりたいのなら、褒め言葉の選び方には気をつけましょうね♪