彼が仕事や趣味に夢中!?「彼女」の優先順位をアップしてもらう方法

仕事や趣味に没頭していて、忙しそうな彼。
「デートしようよ!」と誘っても「しばらく忙しい」と言われるばかり。
そこまで忙しいなら彼女をつくる意味がないような……、と突っ込みたくなってしまいますが、もう少しだけでも彼との時間を増やせたらいいですよね♡

そこで今回は、仕事や趣味に夢中な彼に「彼女」の優先順位をアップしてもらう方法をご紹介いたします。

「彼女」の優先順位をアップさせる方法①「会えないと寂しい」と素直に伝える

まずはじめにご紹介する、「彼女」の優先順位をアップさせる方法は、素直に寂しいと伝えることです。

仕事や趣味の両立で忙しい彼に対して、絶対に言ってはいけない一言が「なんで会えないの?」です。
なんで会えないの?と言われても、彼は彼なりに精一杯、あなたと連絡をとりながら必死にスケジュールを調整しているのでしょう。

彼女からみれば、自分のやりたいことだけやっているなんてひどい!
と怒りたくもなりますが、彼はあなたの知らないところで、必死にスケジュールを調整しているのかもしれませんよね。
上から目線な上に感情的に怒ってしまうと、彼も反発したくなるはず。

どうしても会いたいなら、一切怒らず「会えないと寂しいし不安なんだ」と、自分の気持ちを素直に言葉にして伝えてみて!
「もうちょっと会う頻度を増やせない?」と可愛く、お願いをしてみましょう♡
彼もそこまで言われたら、無理矢理にでも時間をつくって優先順位を変えないといけないと考え直してくれるかも……。

「彼女」の優先順位をアップさせる方法②彼の努力に負けないくらいがんばる

次にご紹介する、「彼女」の優先順位をアップさせる方法は、彼に負けないくらい自分も仕事をがんばることです。

彼がもし、仕事や趣味だけ大切にしていればいいと思っていたら、そもそも特定の人とは付き合わず、女遊びをしていればいいだけの話。
あくまでも彼女という存在をつくりたかったのは、ちゃんとあなたに恋をしたからです♡

彼のがんばりを邪魔しないように、寂しい気持ちをおさえつつ、こちらも仕事や趣味を充実させてみましょう。
きっと、自分に依存しなくなった彼女の姿をみれば、彼も自然と声をかけたくなるはず。
優先順位を変えてまで、あなたに会いたくなるかもしれません。

たとえ頻繁に会えなくても、お互いに切磋琢磨し合えているなんて、素敵なカップルですよね。

「彼女」の優先順位をアップさせる方法③面白い情報があったら彼とシェアする

次にご紹介する、「彼女」の優先順位をアップさせる方法は、面白い情報を彼とシェアすることです。

仕事や趣味に没頭し、モチベーション高く過ごすくらいの彼ですから、常に前を向いて突き進んでいたいタイプなのでしょう。
彼の関心を少しでも自分に向けさせ、「彼女」の優先順位をアップさせるためには、彼が好きそうなイベント情報を集めてシェアすることが大切です。

ただデートするだけではつまらないと思っている彼も、イベントやセミナーなど、何かしらの意義がはっきりしていることに関しては、前向きに検討してくれるはず♡
「一緒に参加できたらいいなと思って」「○○くん、好きそうじゃない?」と、一言添えれば、彼もあなたと会う時間をつくってくれるでしょう。

「彼女」の優先順位をアップさせる方法④彼以外のコミュニティをたくさんつくる

最後にご紹介する、「彼女」の優先順位をアップさせる方法は、彼以外のコミュニティをたくさんつくることです。

彼と会えないことでモヤモヤするのは、おそらくあなたがまだ彼に寄りかかっているからでしょう。
友人と会っているときは「彼なんて関係ないわ」と強がっていても、連絡が来なかったり、しばらく会わなかったりする関係に、納得できずにいるのでは?

寂しさを紛らわすためにも、新しいコミュニュティに参加してみるのもありです!
共通の趣味や目的をもった友人との交流が深まれば、彼に会えないこともあまり気にならなくなるでしょう。

そして、彼がいなくても充実している姿を見せれば、少しやきもちを焼いてくれるかもしれませんよ。
いかがでしたか?
仕事を優先してばかりいる彼に怒ってしまうのは、彼のことが好きだからですよね。
心の底から嫌いな人に対して会いたいとは思わないはず。
彼のご機嫌を伺いつつ、次はいつ会うか、予定を調整してもらいましょう♡

【関連記事】優先順位が低い!彼にとって一番じゃないと感じた時の対策方法

彼はあなたのことを一番に考えてくれていますか?信じたくはないけれど、優先順位が低いと感...

優先順位 仕事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる