いつまでも「美しい花」であるために、女性がすべき4つのこと

女性として、いつまでも美しく異性からもモテたい!と思う人も多いはず。
女性はしばしば花にたとえられますが、実は、自然界の中でたくましく育つ花には、女性が身につけるべき、モテのテクニックが潜んでいました。
女性=花、男性=ミツバチとしてお読みください。

花のように美しい女性になるテク①花は色でミツバチを引き付けると心得る

しばしば、女性は花に例えられます。
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」なんてことわざがあるくらいです。

このことわざは、美しい女性の佇まいを表すことわざですが、自然界で生きる花には女性が身につけるべき、強さと美しさのヒントが隠れています。

まず花はミツバチを集めて花粉を運ばせ、受粉をするのですが、これはつまり、花(女性)があの手この手を使ってミツバチ(男性)を集め、自分の思う通りに動かすことと似ていますね。

ミツバチが多く集まる花は、まず色でミツバチのことを引き付けています。
色、つまり外見ですね。外見は男性にとって一番に印象に残るもの。

トレンドのファッションやメイクを取り入れ、自分に似合うようにアレンジする力というのが、女性にとっては大切だということは言うまでもありません。

花のように美しい女性になるテク②香りがミツバチを引き付ける

花がミツバチを多く集めるのには、色もそうですが、香りも重要です。
これは、人間の世界でも同じことが言えそうです。

いい香りのする女性というのは、同性から見ても一目置きたくなりますね。
男性は、女性はいい香りがするものと思いがちです。

ならば、ほんのりといい香りがする女性を目指しましょう。
香水を使うのもいいのですが、ほんのりいい香りのする女性というのは、髪の毛や洋服から香りが漂うものです。

清楚でほんのりとした香りを漂わせ、いつもいい香りがする女性というのは、立ち去ったあとにも男性にいい印象を残せるということを忘れずに。

花のように美しい女性になるテク③花には蜜があることも忘れない

色がキレイで、香りがよい花にはミツバチが集まります。
ですが、実は花がモテるにはそれだけではいけません。

花には蜜があり、その蜜を求めてミツバチは集まっていることを忘れないようにしましょう。
蜜というのは、男性に対するご褒美です。
いい女性というのは、このご褒美の蜜を上手に使い分けます。

ある時は甘い言葉やねぎらい。ある時は快楽。
そのように相手によって蜜を使い分ける女性は、長く男性からモテ続けるのです。

また、一度蜜の味を覚えたミツバチは、また花に寄ってくるものです。
いつも新鮮な蜜を用意したいものですね。

花のように美しい女性になるテク④花の命は長いもの……

花に例えられることの多い女性ですが、色も香りも蜜も……どれも自分で意識しなくては最初から身についているものではありませんね。
なかには、自然とそれらを漂わせなぜかいつもモテる女性もいますが、それはごく僅かな人です。

そして、花の命を長くさせるのも短くさせるのも、女性自身であると心得ましょう。
「花はつぼみか咲きかけが美しい。」なんて言われることもありますが、満開の花というのももちろん魅力的なものです。

いつまでも爛漫に咲く花であるために、女性自身が自分を磨き続けることは、決して悪いことではありません。
モテ続ける花であるために、少しの努力をしてみることから始めてみませんか?
ある人気女性芸人さんは、ネタとしてこんなことを言っていました。
「モテるのにテクニックなんて必要ない!だって花には自然とミツバチが寄ってくるでしょ?」「だったら花になればいいの!」と。
ですが、花だってミツバチを寄せ付けるためにテクニックを駆使していることを忘れてはいけません。
ミツバチがたくさん集まってくる花になるために、自分をしっかりと磨いていきたいものですね。

【関連記事】一歩引いた謙虚さが魅力的!男性にモテる女性が絶対しないこと5つ

できることならモテたいけれど、モテるためにはどうしたらいいんだろうと考えますよね。実は...

女性 美しい 恋愛 魅力 男性 惹きつけ モテ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

つぼいまりこ

つぼいまりこ
美容、モテ、節約、インテリアなど、幅広く興味を持っています。
女性ならで…

>もっとみる