素直になれない「好き避け女子」とは?

LOVE

本当は好きなのに、そっけない態度をとってしまう「好き避け」。
恋に臆病な女子は素直になれず、わざと好きな人を避けてしまったり冷たく接してしまうことがあるのです。
今回は女子のタイプ別にその対応方法をご紹介します!

LINEのやりとりを自分から終わらせてしまう臆病な女子▷男性からLINEをする&「いつでもLINEしてね」

せっかく好きな人とLINEしているのに、「じゃあまた今度ね!おやすみ」といつも自分からLINEのやりとりを終わらせてしまう……これも女子にありがちな”好き避け”。

「自分のくだらない話に付き合わせるの悪いな」
「返信するのめんどくさいって思われてないかな……?」

と好きな人に迷惑をかけていないか、気にしすぎてしまう臆病な女子に多いのが特徴です。

臆病な女子は、本当は好きな人とLINEができて嬉しいのに、相手のことが好きだからこそ気を使いすぎてしまって自分から逃げてしまうことがあるのです。

もしLINEのメッセージの内容はいい雰囲気なのに、いつも「じゃあまたね」と女子からやりとりを終わらせようにしていたら、あなたに気を使っているからということも。
そんな恋に臆病な女子には自分から積極的にLINEを送るか「いつでもLINEしてね」と一言添えて女子を安心させてあげましょう。

みんなの前だと話しかけられない内気な女子▷2人きりになったときに男性から声をかける

友達みんなで集まったときに、好きな人からわざと離れたところに座ったり、他の人とばかり話してしまうタイプの”好き避け”は内気な女子に多く見られます。
内気な女子は好きな人を意識しすぎてしまって緊張してしまうため、最初から好きな人に近づかないようにしてしまうのです。

また好きな人が周りにばれている場合、からかわれるのが恥ずかしくて嫌、という場合もあります。

そんな内気な女子には男性の方から2人きりになったときに話しかけてあげるのが効果的です。自分からは緊張してしまって話しかけられなくても、好きな人から話しかけられたら案外楽しそうに話してくれるものです。

わざと男っぽく振る舞う照れ屋な女子▷男性から女の子として扱う

好きな人の前では、わざと男っぽく振る舞ってしまう照れ屋な女子。これは以前から仲の良かった男友達を好きになってしまった、などのシチュエーションでよくある”好き避け”の特徴です。

照れ屋な女子はもともと友達だった男子には、自分の女としての一面を見せるのも恥ずかしくてわざとガサツに振る舞ってしまうのです。さらに気持ちに気づかれて、友達の関係を壊したくないという臆病な気持ちも隠れています。

そんな女子には男性の方から男らしさを見せて、女子を女の子扱いしてあげると良いでしょう。たとえばストレートに「かわいいね」と伝えるのです。好きなのに自分からは女の子らしくなれなくても、男性から女の子として扱ってもらえたら素直になれるかも。

わざと忙しいふりをするプライドの高い女子▷一途なところをアピールして徹底的に追いかける

「最近仕事が忙しいんだよね」「明日もお食事の予定があるの」と隙を見せないような女子は強がっているだけで、実は自分だけが彼に夢中になるのが怖くて避けているということも。
本当は好きだけど、相手の気持ちがわからず、自分を守るために冷たくしていることがあるのです。

そんなプライドの高い女性にありがちな”好き避け”には、あなたが大人になって積極的にデートに誘ったり攻めるのが良いでしょう。一途なところを見せて、絶対に見捨てないことをアピールするのです。
冷たくされてもめげずに、女子が満足するまで追いかけてあげましょう。

いかがだったでしょうか?恋する女の子は、好きな人にも時に冷たく接してしまうのです。それは振られたり傷つくのが怖いからだったります。
もしそんな女子の”好き避け”に気付いたら、男性が大人になって優しく接してあげてくださいね♡