釣った魚にエサを与えない彼氏を振り向かせる方法

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第82弾】

男女の付き合いで女性側が難しいのは、男性に口説かれた後の関係構築の仕方です。今回は釣った魚にエサを与えない彼氏をギャフンと言わせて、もっと大切にされて追いかけさせるための駆け引きテクニックをご紹介します。

釣った魚にエサを与えないのは男が悪い♡

まず女性たちに知ってもらいたいことがあります。釣った魚にエサを与えない彼氏のことなんて待つ必要はないということです!

女性にはするべき我慢と、してはいけない我慢があります。してはいけない我慢とは彼のペースに合わせることでストレスが貯まって疲れてしまい綺麗でいられなくなるような我慢の仕方です。

あともうひとつ。釣った魚にエサを与えなかったことを彼氏に後悔させなければ、彼氏の態度は永遠に変わることはありません。女性が男性に安心感を与え過ぎるとロクなことにはなりません。「釣った魚にエサを与えずに放置するあなたが悪いんでしょ?」と彼氏のせいにするところからはじめましょう。

彼氏で満たされない部分はもっといい男に満たしてもらおう♡

男の人は「一度自分のものにした女は生涯オレの女」だとなぜか大きな誤解をしています。ですから、釣った魚にエサを与えないような対応をするのですが、実際のところ、そんなはずはありません。女性にだって人生がありますしね!

釣った魚にエサを与えない男のことをいちいち待っているだけ時間の無駄で、待ち過ぎると歳だけ取ってしまいます。ですから、彼氏では満たされない部分はもっといい男に満たして貰うことを考えたほうが女性は間違いなく幸せで綺麗でいられます。

しかも、1人の男性に「釣りたい」と思われたということはあなたが魅力的だということです。あなたのことを「釣りたい」と思うような男性は出会いを増やせば他にも沢山現れます。

仕事に例えるとわかりやすいですが、自分たちの会社でどうしても行えない業務は他の会社に外注しますよね。男女関係も同じで、彼氏が出来ないことは「外注」すれば女性がストレスを貯めることはなくなります。もしも仮に外注したことが彼氏にバレて文句を言われたとしたら強気に出てください。

「誰と会うかなんて私が選んでるし全部自分で決める。あなたが出来ない業務は他の会社に外注するのは自然だと思うんだよね。それが嫌なら別れたらいいんじゃない?」なんて言うと、自信がある彼氏ならムキになって自分の対応を修正して追いかけてきてくれます。

自信がない彼氏なら心が折れるでしょう。でもここで心が折れる男性に将来性は期待できません。生意気な女に対応できないような男性が、仕事で成功する人かといったらそうではありません。

ギリギリに追い込んで彼氏の対応力をチェックするといいですね!

お願いだから私のこと嫌いになってね♡

大人の女性が愛されるために大事なことは、大好きな彼氏と別れたとしても支障がないような状態になっておくことです。女性に経済力や生活力があれば、1人の男性に執着しなくたって生きていけるわけです。

「あなたのことは好きで一緒に居たいけど、もしもあなたが居なくなったとしてもそれはそれで幸せに生きていけるんだろうなぁ」と心から思えていると、男性はいつも追いかけてきます。離したくないと思われます。

イケてる大人の男性たちはみんな「人気があって楽しそうな女」が大好きで、そういった大人女性たちは男性から尊敬されているのです。恋愛市場で一人勝ちしていて、どんなことをしても男性に許されてしまうところがあるんですよね〜!

彼氏のことはとても好きなんだけど、ストレスが限界まで達した時は「お願いだから私のこと嫌いになってね!私は楽しい人生を送りたいから、時間を奪わないで欲しい!」とか言うと「オイ!ちょっと待てよw」って男性は思います。

つまり、大人のいい男には「俺が居なくても楽しい人生を送れる女なんだろうな」と思わせておくと、いつまでも彼は惹かれてくれるのです。

自分がエサを与えられるのを待っていたり追いかけていると、彼には逃げられますが、覚悟して突き放すと彼は追いかけてくるものです。突き放せるだけの自信と余裕を女性が持っておくと、最強で最高の恋愛が今後もずっと、できるようになるでしょう。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!