追われる彼女だけが知っている「脱マンネリ化」のテクニックとは?

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第114弾】

彼との関係が長くなってきてマンネリ化してきてしまった....。そのような悩みを抱えていらっしゃる方はいますか?そんな時はマンネリ化をせずに良い意味で刺激的な関係を続けられているカップルを参考にするといいでしょう。彼女たちは、彼とどんな関係を築いているのでしょうか?

脱マンネリ化の秘訣は「追われる彼女」になること!

彼とマンネリ化をせず関係構築がうまい女性たちは、男性に追いかけさせるのが上手!という共通点があるように感じます。長い付き合いのなかで「やはり彼女しかいないな」「俺がめちゃくちゃ惚れてる女だな」という気持ちを彼に対して何度も何度も感じさせているのです。

逆プロポーズをする女性も増えてきているいっぽうで、追われる彼女さんたちは彼に自分を追いかけさせることに重きを置いているのも興味深いところ....。

きっと、長い目でみた二人の関係性をより良くすることに焦点を当てているのだろうと思うのです。

例えば、女性が主導でその後に続くように男性が行動を起こす関係は、仕切られたい願望がある男性以外は、「俺が決めたんじゃない」という記憶や、悪い言い方になりますが「嫌々やっている」「やらされてる感」を感じさせてしまう可能性もあると視野に入れておくといいでしょう。

関係がマンネリ化しない、追われる彼女さんたちは、彼の感情が移りゆくプロセスの1つ1つを、恋愛では大事にしています。徐々に好きにさせて、俺がどうしても欲しいんだ!俺が彼女に決めたんだ!という強烈な想いを抱かせ、彼を積極的に動かすことが出来るのです。

追われる彼女の共通点。彼に心配されている。

そうは言っても追われる彼女さんたちの実態がなかなかイメージしにくいと思いますので、追われる彼女さんたちが彼とどんな関係を築いているのか、これから詳しくご紹介します。

追われる彼女の共通点その1は、なにかと彼から心配されているんですよねー。思わず手を差し伸べてあげたくなる、放っておきたくない、なにかしてあげたいなと彼に思われているところがあります。彼からみたらそれは「天然」なのかもしれませんが、本当に頭のいい女性は「天然でもありながら戦略家」です。

彼に用事をお願いしたり、お任せするのが上手。そうやって自分の世話を焼かせているのです。だけど完全に相手が負担に感じるようなことはしないという空気の読み方が抜群にうまいですね。「もー、しょうがないなぁ!」と言われていて、ちょっとした面倒くささがある彼女は、放っておけない。彼からしたら愛着が湧いてくるみたいですよ!

追われる彼女の共通点。フットワークが軽い。

追われる彼女の共通点その2は、フットワークが軽いこと。いつも同じ生活のルーティンを彼にみせていると彼がお腹いっぱいになって関係がマンネリ化するというのも原因としては考えられるでしょう。しかし、フットワークが軽い彼女が相手だとそうはいきません。「自分の知らない場所で彼女が楽しそうにしているのは、彼からしたら脅威でしかない」という話を、昔ある人から聞いたことがあります。フットワークが軽い彼女は行動する先に自然に出会いを作ってしまいますからね。その理論にしたがうのなら、自分らしく振る舞うだけで彼からしたら脅威なのです。

追われる彼女になることを目標にするのなら「いつでも私はここにいるよ」と最初から自分の居場所をオープンにせず、「どこにいるの?」「最近なにしてたの?」って彼から聞かれ続ける。つまり、どこで何をしているのか常に気になる存在になるのは効果的だと思います。実際には何も起きていなくても「まさか男じゃないか?」と彼にヘンな妄想をさせてしまう女性は、追いかけさせるのが得意ですよねぇ。その面では、心配されるぐらいで、ちょうど良かったりもします。

追われる彼女の共通点。俺だけを見てよ!と思わせている。

彼と関係を作っていくなかで「俺だけを見てよ!」と彼に思わせてきたのなら、追われる彼女としては成功していると思います。そういえば、彼女さんを追いかけてゾッコンになっている男性たちの話を聞くと、

彼女はご飯に誘ったのに来てくれなかった、連絡先を教えてと言ったのに教えてくれなかった、なかなか彼女になってくれなかった、、、という話があちこちから結構出てくるんですよね。こちらは古風な恋愛スタイルかもしれませんが「簡単じゃないからムキになる」ってやつですね!

どうやら「彼女に自分だけを見て欲しかったのに見てくれなかったから頑張って振り向かせた」みたいなストーリーがあると、男性のなかでは達成感に燃えるらしいのです。自分のなかで武勇伝ができるし、その女性は忘れたくても忘れられない、記憶に残る女性になるでしょうからね〜

特に自信がある彼だとしたら、次から次へと面白いことを見つけてしまう女性はかなり手強いと思いますよ。それが彼女の魅力だと頭ではわかっておきながら「自分だけをみて欲しい」という欲望が同時に湧き上がってくるのですから....。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!