親友とただの友達の違いって何だろう。あなたの友達はどっち?

はっきりとした線引きはないけれど、どこからが親友でどこまでがただの友達なのか、ふと考えることありませんか?
「友達も大事だけど、親友の方が特別な感じかする」と思う女性もいるでしょう。
そこで今回は、親友とただの友達の違いについてご紹介いたします。

目次

親友とただの友達の違いとは?

3人の女性

皆さんは、「親友」と呼べる存在はいますか?また、どこからが友達でどこからが親友なのか分かりますか?
友達が多い=親友がいるとは限らないですよね。

友達と親友の違いに明確な定義はないものの、友達は一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人であり、親友は友達の中でもとても仲がいい友人を差すようです。

とは言っても、具体的にどんな関係が親友になるのか難しいですよね。

女性の中には、「親友だと思っていいのかな……」と友情関係に悩むこともあるでしょう。
そこで今回は、友達と親友の違いや、親友の条件をご紹介いたします。

もちろん、親友の定義は人それぞれにあると思うので、参考程度に見てみてくださいね。

親友とただの友達の違い①お互いのことを何でも知ってるか

手を重ねる女性たち

お互いのことを何でも知っている存在はいますか?

ただの友達であれば、言いたくないことのひとつやふたつあるでしょうが、親友なら他の交友関係や今までの恋愛遍歴などなど、いろんなことを知っているはずです。

何から何まで隠すことなく話せるのが親友と友達の違い。
まるで家族のような存在に思えるので、どんなことでも話したくなります。

「他の人には口が滑っても言えないような恥ずかしい話、失敗談もなぜか言いたくなっちゃう!」というような相手がいるなら、親友だと思ってもいいのではないでしょうか。

また相手からも、他の人には言っていないような話をされたのであれば、あなたと同じ気持ちで信頼している証かもしれません。

親友とただの友達の違い②考えていることが分かるか

スマホを見る女性たち

長い間一緒にいれば、どんなことを考えているのか何となく分かるようになります。
時には、同じタイミングで話し始めたり、言葉がかぶったり、同じことを言ったりすることもあるでしょう。

友達でもあり得ることかもしれませんが、親友になると圧倒的にその数が多くなります。
ここが親友と友達の違い。

言わなくても分かる関係になるためには、たくさん話して、たくさん相手の表情を見て過ごすことがポイントです。
分かるならば、それだけ濃密な時間を過ごしてきたという証拠。

長い時間を過ごすことができるなら、お互い口にしなくても「あなたは私にとって大切な親友」と思われているはず。

親友とただの友達の違い③尊敬できるかどうか

4人の女性

「親友なのかな?」と思える存在がいるなら、さらにその人のことを尊敬できるか考えてみてください。

簡単な尊敬でも大丈夫です。
「あの子は任された仕事を努力して乗り越えていて、尊敬するなぁ」「いつも笑顔でみんなに優しくて尊敬する」など、どこか相手のすごいところを知っているなら、お互いを認め合う気持ちも大きいということ。

互いを認め合う気持ちが大きければ大きいほど、友情は固いと言えますし、親友の条件としても挙げられます。

互いのやっていることを理解して、応援し、尊重する。
そのような関係を築けるかどうかが、親友と友達の違いです。
尊敬し合える仲間がいるなら、その人は本物の親友かもしれませんね。

親友とただの友達の違い④肝心なときに頼り、助け合えるか

ベッドに座る女性

肝心なときに頼り、助け合えるかどうかも、友達と親友の違いになります。

親友なのに頼れないというのは、大変おかしな話ですよね。
頼ったり頼られたり、その頼み事をできる範囲内で助けてあげられないのは、“ただの友達”に間違いありません。

何か困難にぶつかったときには、家族と同じくらい真っ先に相談する、意見を聞きたくなる……という相手が親友といえそうです。
互いに頼り、頼られて成長していける関係がベストですよね。

悩みがあればすぐ相談する相手、またはよく相談してくれる相手を思い出してみてください。

親友とただの友達の違い⑤自分のダメなところもさらけ出せるか

写真を撮る女性

最初に、お互いのことを何でも話せるか、というお話しをしましたよね。
では皆さんは、親友だと思える存在に、どこまで自分をさらけ出すことができるでしょうか。

「自分のダメなところを見せれば、嫌われてしまうのではないか」という不安があることから、なかなかさらけ出すことができないという女性がたくさんいます。
その中でも、やはり親友は特別な存在♡

ダメなところを含め、それ以上に良いところを見つけてくれる、見つけることができる相手も親友と呼べるでしょう。

楽しいときや嬉しいときだけでなく、悲しいときや辛いときを共有できることこそが本物の愛と恋愛でよく言われていますが、親友にも当てはまるのではないでしょうか。
ただの友達だったら楽しいことだけを共有することが多いので、マイナスな点も含めて関われるかが違いになってきそうですよ。

親友とただの友達の違い⑥相手の幸せを素直に喜べるか

笑顔の女性

相手の感情に共感ができるかどうかも、友達と親友で違いが出てくるようですよ。

例えば、相手の幸せを素直に喜べるかどうかです。
彼氏ができたとき、結婚したとき、仕事が成功したとき、夢がかなったときなど……自分のことのように喜ぶことができていますか?

人は他人の幸せを羨ましく思ったり、妬ましく思ったりしてしまうことがあるようです。
そのため、他人の不幸が面白いといわれていることも。

ですが親友なら関係ありません。
本当に心からおめでとうと思うことができ、その後も応援することができます。

親友とただの友達の違い⑦言いづらいことも伝えられるか

自撮りをする女性

ただの友達であれば、本音が言えない可能性があります。
こんなことを言ったら傷付けるかな、嫌われるかなと思ってしまうところも、親友であれば、自分の意見をはっきり言えるという女性も多いのではないでしょうか。

「ここを直した方がいいよ」と思っていることも、信頼関係が築けている親友であればきちんと伝えることができます。

本当に相手のことを考えているからこそ、言えることでもあるので、そこで一歩踏み込めるかどうかが違いになってくるでしょう。

毒舌だったり、サバサバ系女子だったりすると、本音をズバズバ言ってくることがあるでしょうが、それは本当に相手のことを考えて言っているわけではない可能性も。
なので、友達で言いにくいことをはっきり言ってくる人がいれば見極めてみてくださいね。

親友とただの友達の違い⑧見栄を張らないでいられるか

3人の女性

「友達には見栄を張ってしまうことがあっても、親友の前ではいつも通りの自分でいられる」というのも友達と親友の違いです。

どうしても、すごいと思われたい気持ちがあったり、褒められたい気持ちがあったりすると、友達の前で話を盛ったり、見栄を張ったりしたくなることもありますよね。
「あの子には負けたくない」という気持ちで見栄を張ってしまうこともあるでしょう。

変に飾らず、いつも通りの自分で過ごせる相手がいるなら、それは親友♡
相手を信頼しているからこそ、リラックスして過ごせるということではないでしょうか。

また、沈黙になってしまっても、居心地が良いと言う点も親友だと呼べそうです。

親友とただの友達の違い⑨長い時間一緒に住んだり行動したりできるか

2人の女性

親友かな……と思った友達を思い浮かべてみてください。
その友達と、国内旅行や海外旅行で長期間同じ時間を共有したり、同じ部屋で過ごしたりすることはできそうですか?

1週間以上の旅行などになれば、今まで以上に自分のだらしないところや嫌なところを見せてしまう可能性があります。
自分だけでなく、相手の嫌なところを見つけてしまう可能性もありますよね。

ですが、それも含めて楽しめそうだと思うなら親友の条件を満たしているかも!

ただの友達であれば、1週間の旅行だったとしても、自分を隠そうとして変に疲れてしまいます。
その分、親友だと思っているならお互いに恥ずかしい部分も見せ合えるのが前提で過ごすことになりますよね。
ここが友達と親友の違いではないでしょうか。
長期間同じ空間で一緒に過ごすことになっても、ストレスを溜めずにいられるはず♡

親友とただの友達の違い⑩連絡が久しぶりになっても関係性が変わらないか

スマホを使う女性

親友と友達の違いで一番分かりやすいのが、距離が遠くなったり、連絡が久しぶりになったときの関係性です。

地元を離れて就職したことをきっかけに全然会わなくなったり、学校を卒業してから全く連絡を取らなくなったり……このような関係であれば、それはただの友達。

親友であれば、いつもどこかでお互いのことを気にかけていたり、たまに連絡を取ったりするはず。
たとえ長い時間連絡が取れなくても関係性は変わらず、久しぶりになったときは今まで通り会話をしてくれます。

時間が空くほど気まずく感じてしまうところも、親友なら今まで通り付き合えるでしょう。

また、出世や結婚などで人生のステージが変わったとしても、関係性がそのままでいられるのも親友の条件です。

親友とただの友達の違い⑪迷惑をかけられたとしても苦にならないか

笑顔の女性

親友同士であれば、相手がSOSをくれたら嬉しいはず。
大切な親友から助けを求められたのですから、「何とかしたい」「手を貸してあげたい」と思いますよね。

逆にあなたが困っているときでも、「助けを求めたら迷惑かな」と遠慮してしまうこともないのではないでしょうか。

「助け合えるか」という問題と少し似ていますが、迷惑をかけられたとしても苦を感じないことも友達と親友の違いといえるでしょう。

恋人と別れてヤケ酒を飲んでいれば朝まで付き合うなど、とことん相手に寄り添えてこそ、真の親友です。
親友と友達の違いについてご紹介させていただきました。
親友は恋人と同じくらい、時にはそれ以上に大きな存在になることがあり、家族と同じように大切に思うこともあります。
自分の周りには親友と呼べる存在はいるのか、誰が心の支えになっているのか再確認してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】学生時代と同じまま?大人になったらやめたい友達との付き合い方。

アラサーになった今も友達と学生時代のような付き合い方をしているのなら、少し見直したほう...

人間関係

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる