いつになったら本命になれるの?地獄のセフレ沼から抜け出す実践的な方法

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第146弾】

最近よく「セフレ沼から抜け出せない!」といった記事を見かけるので、今回はセフレ沼からの抜け出し方を書きます。是非、実践してみてください!

男と女の認識の違いからハマってしまう「セフレ沼」って?

「セフレ沼」とはいったいなんでしょうか??

肉体関係をもっている2人。男性側は彼女のカラダを求めていて「本命彼女はもうちょっと別の子がいいなぁ」と内心では思っています。それなのに、女性側は「私はこれだけ尽くしてるんだから、いつかは本命になれるはず!」と希望を抱いてしまっている状態....。

2人の認識が合致していないので「セフレ沼=しんどい」「だから付き合う前に寝るのは良くないんだ!」

このように言われている記事が巷に溢れています。

では、セフレ沼にハマったとかハマりそうになった時、脱出する女性たちはどうしているのでしょうか?

セフレ沼脱出方法①自分から行動を起こす

セフレ沼から抜け出せない女性の話を聞いていると、足りないものは何かというと行動力です。厳しい言い方をすると「想いはあるのに行動をしてない」ってやつですね。

彼と付き合いたいとか結婚したい想いがあるのに100パーセント受け身になってしまい、自分から動いて現状を変えようとしていない。実はセフレ沼から抜け出せない理由って、女性側が受け身でしか動けないところにあるのではないでしょうか??

好きな彼の本命になったり、結婚している女性、つまり仮にセフレになったとしても沼から抜け出せる人たちは

「私ってあなたにとって何なのよ?」と、どこかのタイミングで相手に問い詰めたり、意思を確認して結婚や真剣交際を決めさせるような誘導をしているはず。「これでダメならもういいや」って自分のプライドを捨てた賭けにでることができる。その裏側には、先が見えない男女関係に時間割きたくないというホンネがあるのです。

「私の時間、そこまで安くないよ?」

このぐらい強気にでても彼を納得させられる話し方ができるようになれば、たしかにそうだよな、自分の考えをしっかり持っていて良いなという、性以外の部分でも評価されるようになるんですけどね〜

セフレ沼脱出方法②上書き保存システムを上手に利用

辛すぎる恋をしている女性に本当におすすめしたいのは、女性特有の上書き保存システムを上手に利用すること。

女性の強さでもあり面倒くさいところって、カラダを許すと、許した男性を好きになっちゃうじゃないですか。その後の彼との関係がうまくいけば良いのですが、うまくいかなかった場合、どうなるのかわからない1人の彼にずーっと執着することになるんですね。経験されている方はわかると思いますが、執着してるときっていい結果は出ません。裏目にでます。男性は悲壮感漂うオンナよりもキラキラ輝いてるオンナと会いたいものだから...。

相思相愛でない男女関係においての女性の一途は、女性自身を苦しめるだけなのでホントにおすすめしないですね。もう、頑張って彼を愛そうとしなくていいですよ。

ボロボロになってしまうときは視点をズラす必要があります。応急処置だと思ってあなたを愛してくれる人に抱かれていいんです。どんな時も絶対に自分を愛してくれる人に「愛してる」と言ってもらってパワーをもらってください。そういう存在がいることは、誰にも言わなくても理解されなくてもいいので。あまりにも男女関係の問題を抱えすぎるとトラウマ化してその後の人生がホントに生きづらくなります。傷ついて男性を信じられなくなっちゃう女性、たくさんいるじゃないですか。きっと過去の恋愛であまりにも真面目すぎて、逃げ道をつくらなかったんですよねぇ。彼よりも自分の心の健康を先に守ってください。

上書きされると女性に余裕、でてくるはずですよ。異性から必要とされている実感や求愛されている感覚って魅力を保つためには絶対に必要なので。その穴は、仕事や趣味なんかじゃ、補えません。

上書きされたら彼の本命になれるか?という話はここではわかりませんが、視野は確実に広がりますよね。愛されたら自信を取り戻します。それだけでも十分に前に進みます!

セフレ沼脱出方法③マッチングアプリで新しい出会いを!

彼のことばかり考えてしまう時には暇つぶしを充実させるのがオススメ。ゲーム感覚でマッチングアプリを始めてみるのはいかがですか?

先程も書きましたが執着しても状況って変わらないので「忘れる才能」がある人はセフレ沼から抜け出しやすい。

自分の生活圏内では出会わないような人にも出会えるので執着がうすれて視野が広がります。大事なのは、めちゃくちゃ狭い世界でジタバタしていただけだったと俯瞰して気付くことですね。彼以外にも男性はわんさかいるのです。

しかもマッチングアプリは「いいね」を押して貰えるじゃないですか。「やりたいから会いたい目的」の人もまあまあ登録していますが、本当に彼女が欲しかったり、婚活をしている男性ももちろんいるので、複数のアプリを登録して、100人外れでもたった1人の大当たりを引けばいいなという感覚でやるのが楽しいかと思います\(^o^)/

そもそもすぐに会ってすぐに寝てしまうからセフレ沼にハマります。最初はメッセージだけで気安く会ったりはしない。会うのを断ってるのに1週間以上、やり取りが続けば、性の対象だけでなく人として気に入られてる可能性が高いです。やりたい君は会えないとわかったら時間を割かずに次の標的に向かいますからね〜。

セフレ沼にハマっている時は、自分から男性が選べるだなんて、感覚的に思えなくなっているだろうなと予想します。
なので、違うフィールドで必要とされて大切にされる自分を徐々につくりあげてみると自信がつきます!!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!