“頑張れない自分”を変えたい!【コーチ・リリィのNEW ME SALON!#4】

“頑張れない自分”を変えたい!【コーチ・リリィのNEW ME SALON!#4】

LIFESTYLE

【コーチ・リリィのNEW ME SALON!】は、恋愛・キャリア・友情……と日々様々なジャンルのお悩みを抱えるオトナ女性達に、“自分と向き合うことの大切さ”を伝えるための企画です。 4MEEE読モが、今話題の『コーチング』を体験した様子をレポート!コーチと対話することで見えてきた、彼女達の“自分が本当に求めているもの”とは……?

人気連載第4回♡「コーチ・リリィのNEW ME SALON!」

思いふける女性

結婚や出産、キャリアアップに人間関係……
何かと変化が訪れやすい4MEEE(フォーミー)世代の女性達は、お悩みが付きもの。

「仕事は楽しいけれど、このままでいいのかモヤモヤしている。」
「彼のことは好きだけど、今後どうなるかわからない。」
「そもそも、私の幸せってなんだろう?」

そんな風に、一見充実した毎日を送っていても、漠然とした不安や悩みを抱えている方は多いはず。

コーチ・リリィのNEW ME SALON!」では、今話題の『コーチング』を体験して、自分の中にある正体不明なお悩みをクリアにしていく女性達の姿を追います!今まで言葉にできなかった不安や、想像で終わってしまっていた理想を口に出すことで見えてきた、“彼女達の本当の目標・幸せ”とは何なのでしょうか。

What is 『コーチング』?

「そもそも、コーチングって何?」と不思議に思う読者さんへ、簡単に解説!

コーチングとは、「自分自身が心から欲しいと願う状態や心から好きだと思える人生を、最短で手に入れてもらう為のツール」。コーチングセッションを通じて自分自身を深く理解し、自信を高め、行動を改善しながら自らゴールを達成していくことをサポートします。

コーチングを受ける方の数は年々増加中!人生観やライフスタイルが多様化している時代なので、“自分を知り、自分らしい人生を送りたい”と願う方がより増えているのかもしれません。

コーチングをもっと詳しく!

コーチ・リリィ

NEW ME SALON”を開講してくれるのは、コーチ・リリィさん。ハワイ島と東京の2拠点で20〜30代女性を対象としたコミュニケーショントレーナー/ライフコーチとして活躍中。

コーチング体験の流れは意外とシンプルです。

【コーチングセッションの基本的な流れ】
STEP1 コーチ・リリィさんが、悩みを抱える女性に向けて様々な質問を投げかけます。
STEP2 女性は、その質問に応答することで“自分の中にある本当の答え”を導き出すのです。

それでは早速、4MEEE読者が体験したコーチングセッションの様子を覗いてみましょう♡

自信がないから、男性に対して「遊ばれているのではないか」と勘ぐってしまう。

花柳のぞみさんソロ

「コーチ・リリィのNEW ME SALON!」連載第4回目に登場してくれるのは、フリーランスモデルの花柳のぞみ(はなやなぎのぞみ)さん(20代)【=以下のんちゃん】

フェミニンで愛らしいルックスに、チャーミングな笑顔が印象的な彼女。男女ともに好感を持たれそうな『王道モテ女子』なイメージを受けますが、「自分に自信がもてなくて、“男性から遊ばれているのではないか”と疑ってしまう」と思い悩んでいるようで……。

お悩み▶︎「男性から食事の誘いを受けても、“遊ばれているのではないか”と勘ぐってしまって勝手にイヤな気持ちになります。

花ちゃん

私は普段フリーでモデルをやっています。職業柄、様々な現場でいろんな方とお会いするので、男性との新しい出会いも多いです。現場で仲良くなってすぐに食事に誘われることも多いのですが、恋愛対象として見られているのか、遊びの対象として見られているのか、どっちなんだろう?と疑ってしまうことが多くて……。今一歩踏み出せません。

コーチ

のんちゃんは、「遊びの恋愛」と「本気の恋愛」どういうところで判断しようとしていますか?

花ちゃん

出会ったばかりなのにやたらとボディータッチが多い人は、遊びだろうなと感じます。本気は……ちょっとわかりづらいですね。男性と食事に行ったとき「この後どうする?」って質問をされると、遊び?本気?ってぐるぐる考えてしまうんですよね。

コーチ

そうなんだ。「この後どうする?」って聞かれたら、のんちゃんは具体的にどうやって返すの?

花ちゃん

二軒目のお店に移動して、飲み直す場合もあります。でも、明らかに遊びだろうなって感じる相手なら行かないかな。「ちょっと明日早いので、ごめんなさい」って返します。

コーチ

うんうん、そっか。では、どんな風になれたらのんちゃんがもっとハッピーになれると思いますか?

 

花ちゃん

う〜ん……基本的に自分に自信がないから、「遊ばれているのかも」って思ってしまうんですよね。そういう不安に振り回されないような「自我」や「ブレない自分」を持つことができたら、もっといろんな面でハッピーになれるだろうなと思います。

コーチ

なるほどね、男性の反応や言葉に惑わされないで、「この人はこうだ」とか「この人はいいかも」と見極められる自我を持っていきたいんだ。じゃあ、理想の自我を持っているのんちゃんって、どういうのんちゃんなのかな?自分が「こういう女性になりたいな」って思う人がどんな行動を取っているか、思い返してみて。

花ちゃん

そうだな~。男性の言葉に一喜一憂するのが嫌なので、動じない心を持っている女性になりたい。例えば、年上の男性にちょっとセクハラちっくな発言をされたとしても、笑顔で受け流せるスキルが身についたい(笑)。あと、対等に話せるようになりたい……!考えてみると難しいですね。憧れるのは、周りの意見に流されないで、自分のやりたいことがわかっている女性。周りの意見を無視するのではなく、アドバイスはアドバイスとして聞いて、やりたいことが自分で選べる人は素敵だなって思います。 

 

コーチリリィ

コーチ・リリィ

いいね。そういう自我を持っている女性が「自分の理想像」なんだね。じゃあ、周りの言葉で一喜一憂もしないし、惑わされないし、対等に話せて気持ちがブレない女性に、今のんちゃん自身がなっていると想像してみて欲しいの。そういうのんちゃんは、どんな感じ?どんな気持ち?

のんちゃん

ハッピーで、これからの未来に期待していると思います。やりたいことがどんどん思いついてすぐ行動に移せる。そして、周りの人にへりくだらず、相手にも自分にもメリットがあるように交渉できたり、対等な立場で助けを求めたりすることができる……!

コーチ・リリィ

のんちゃんがそういう理想の女性になれると、やりたいアイディアがどんどん出てくるし、交渉もできて助けも素直に求められて、ハッピーで、これからの未来に期待しかないわけだ!じゃあ、そこに向けて、のんちゃんはどうしていけばいいと思う?

花ちゃん

モデル業しか仕事がない今の状態が嫌。もっと出来ることを増やしたいんです。例えば、ライターのお仕事を始めるのもいいかも。人のサポートが好きなので将来的には秘書として働けたらいいなって思っています。自分がしたことで相手が助かったり、エネルギーを与えられたり、感謝されたりすることがすごく好きなんです

コーチ

そうなんだ!じゃあ、のんちゃんは人のサポートをする上で大切にしていることってある?

花ちゃん

自分が、自分が、ってならないことですかね。「何をされたら相手は嬉しいのか」を一番に考える。

コーチ

うん、素敵。将来的にそういうことができたら、さっき言ってくれたような「やりたいことがどんどん出てきて、色んなことがうまく行く気がする」っていう理想の自分になっていけそう?

花ちゃん

はい!そうならないと自分のことを嫌いになっちゃう。だからそうなりたいです。

“頑張れない自分”を変えたい、もっと自信を持ちたい!

コーチと花ちゃん

コーチ

他にもチャレンジしてみたいことはある?

花ちゃん

私と同じように、自己肯定感が低かったり、自分を好きになれないと悩んでいる人多いと最近感じているので、そういう人に向けて、YouTubeチャンネルを開設したいです。みんなで一緒に課題解決ができたらいいな。

コーチ

そっか。のんちゃんがそういう風に自分に自信がないって気が付いたのはいつ?

花ちゃん

中学2年生の時、部活のインターハイで東北の選抜メンバーに選ばれていたんですが、大会直前で候補から外されたんです。その時からかな。

コーチ

そうだったんだ。その時どんな気持ちだったの?

花ちゃん

単純にすごく悲しかった。それまでの私は、すごく負けず嫌いでいつも全力で頑張るタイプだったんですけど、それがきっかけで「ほどほどでいいや」っていう考え方に変わっちゃったんです。めちゃくちゃ努力してやっと選手に選ばれて、もうすぐで東北大会ってところで降ろされてしまったから、「頑張っても意味がない」って思ってしまいました。それから徐々にそのネガティブな思考が染み付いてしまっています。大学受験も、最初は頑張ろうと思っていたのに結局ラクな道を選んで推薦で入っちゃったし、頑張ることができなくなっちゃったのかもしれないですね。

コーチ

一番頑張ったなって思う時はいつだったの?

花ちゃん

とにかくがむしゃらに頑張ったのは、中学校のインターハイ前の時と、高校受験の時かな。私の兄2人が県内で一番頭の良い高校に行っていたから、負けたくなくて私も県内で3番目の高校を目指しました。さすがに同じ高校は難しかったけれど、「負けず嫌い」が発揮されてちゃんと合格できたから嬉しかった。

コーチ

負けず嫌いって言葉が何度か出てきたね。のんちゃんは負けず嫌いだなってどういう時に感じる?

花ちゃん涙目

花ちゃん

人と比べてしまう時。悔しいなって思ったら、昔はそれを自分のパワーにできていたんです。でも最近は、落ち込む材料になってしまいました

コーチ

どうして昔は自分のためにそんなに頑張れたのかな。今はどういう気持ちで毎日過ごしてる?

花ちゃん

昔は、毎日楽しく過ごしたいと思っていて、成長した実感が欲しくて頑張れた。今は、「とにかく働かなくちゃ」とか「このままやっていけるのかな」という不安な思いを抱いてばかりで楽しくない。忙しくて自分の時間があんまり取れていないですね。

コーチ

どうしたら、楽しくなると思う?

花ちゃん

固定給があったら、ある程度心の余裕ができる気がする。今はフリーランスになったばかりで不安定な状態が続いているし、どんなお仕事も頑張らなきゃって焦っちゃうんです。だから、疲れていたとしても飲み会のお誘いを断れずにいて……。固定給になれば、そういうのを一掃できるのかもしれません。

コーチ

そっか。そこに繋がっていくんだね!最初は「男性から遊びか本気かわからない態度を取られて困っている」という話でしたが、ちょっと変わってきましたね。今、のんちゃんが欲しいものはなんですか?

花ちゃん泣いちゃった

花ちゃん

自信……(泣)すみません、泣いちゃって。

コーチ

いいんだよ、この時を待っていたんだよ。やっと深いところののんちゃんとお話しできるタイミングが来ました!

自分に自信を持つために“日記”をつけよう

コーチ

のんちゃんがお仕事をする中で、“男性から都合よく呼び出されている自分”をどんどん嫌いになって、自信を失って不安になっていたと思うんだけど、のんちゃんは今どんな自信が欲しい?

花ちゃん

1人でもやっていけるという自信。それには、自分の時間が取れていて心の余裕がある状態が必要だと思っています。例えば、お風呂もゆっくり入れて、7時間睡眠できている。毎日その日を振り返る時間もある。振り返れば日々の成長を実感できる。そうすると、次にどんなステップを踏んだらかいいか見えてくる気がするんです!そのためには遅くても20時までには家に帰りたいし、22時前後にはご飯やお風呂、振り返りを全部済ませていて、24時には寝ていたい。

コーチ

お仕事関係の方からの呼び出しに応じてる場合じゃないね(笑)そういう生活ができると、のんちゃんはどうなるの?

花ちゃん

自分に自信が持てて、やりたいことが増えてきて、仕事が理由で誘いを断っていた友達とも食事に行けて、今までよりもっと楽しい人生が歩めると思います。

コーチ

今までより幸せな人生が歩める!そんな時、年上の男性からボディタッチされたり、誘われたりしたらどうする?

花ちゃん

いや、もう払い退ける(笑)今年中にはそうなってるはず。

コーチ

 

年内にはそうなっているんだ!じゃあそのために今日から何を始めていきましょう。

花ちゃんの目標

花ちゃん

まず、日記をつける!そして、ストレスが溜まるとすぐお菓子に走ってしまうので、暴食をやめる。それに筋トレもしたい外食も減らしたいですね。

コーチ

じゃあこの中で最初の一歩はまずなにから始める?

花ちゃん

日記かな?可愛いノートを買って、楽しかったことや悲しかったこと、その日の感情を記します。さらに、明日はどうしていきたいかということも。本当は、やりたいなってずっと思っていたのにやらなかったんです。でも今日はすごく良い機会をいただいたので、今日からちゃんとはじめます。いきなり毎日は無理だと思うので、感情が動いた時に書くようにしようかなと。楽しいこともそうだけど、悔しいことや悲しいことは書いて発散できるようにしていきたいです。まずは日記を習慣化させたいですね!

コーチ

自信のあるのんちゃんになるために、これから日記を書いていきましょう!

花ちゃん

はい!ありがとうございます。

コーチングでわかった、自信を持つために「今やるべきこと」

“コーチと花ちゃん"

男性からのお誘いが遊びか本気かわからず「遊ばれているんじゃないか」と悩んでいたのも、周りの意見に惑わされてしまうのも、元を辿れば自信のなさからくるものでした。

中学時代に経験した挫折から、“頑張っても報われない”と諦めグセがついてしまっていたのぞみさんですが、コーチングを受けて自分と向き合えたことで、少しずつ前向きになり始めています。撮影後、「可愛い日記帳を買いました!」とすぐに報告もしてくれました♡

日記をつけることを習慣化して、自分を振り返る時間をきちんとつくることで本来の自信を取り戻していけるといいですね。

読者のみなさんの中にも、「自分に自信が持てない」と悩んでいる方がいるかもしれません。または、理由はわからないけれど、他人に不快感を覚えている方もいるかもしれません。もしかしたら彼女のように、相手や環境に何かを求めているのではなく「自分自身が変わりたい!」と心の中で叫んでいるのかも。

そんな時はまず、自分と向き合って“不安の元”を知りましょう!それを取り除くために“どう行動すべきか”をノートに書き出してみるのもいいかもしれませんね。