恋人同士でも必要な駆け引きテク!付き合ったからって安心してない?

LOVE

恋の駆け引き、誰もが一度は試みたことありますよね?
駆け引きは、一般的に付き合う以前の男女間で行われるもの、という認識があります。
付き合い始めてからは駆け引きなんてやめちゃったという人も多いのでは?
しかし、恋の駆け引きは恋人同士でも必要だったんです!

押して引いて!駆け引きはドキドキする♡

恋の駆け引きって、ドキドキしますよね♡

何が良いって、あのもどかしさやハラハラ感、気分の浮き沈みが恋のスパイスになるからではないでしょうか?

実際、駆け引きをすることによって、興味や関心をもたせたり、相手の心を探ったり、ゲーム感覚でドキドキを味わうことができます。
それによって恋が急加速することもあれば、変にこじれてしまって急降下してしまうことも……。

それもまた恋愛の、駆け引きの醍醐味なのです♪

カップルには押して引く「駆け引き」は必要ない?

恋人同士になる前は、「お互いのことをもっと知ろう」という気持ちも働いて、駆け引きばかりしてしまいますよね。

では、いざ付き合い始めたらどうでしょう。多くの人が駆け引きを減らしているのではないでしょうか。

「もう付き合っているんだから駆け引きなんかしないで、直接聞けばいいじゃない」と主張している人も多いはず!
私もそう思うのですが、常にドキドキを味わうカップルになるためには、恋人同士でも駆け引きをしなくてはいけないのです……。

例えば、付き合う期間が長くなればなるほど深刻になるマンネリ化。
マンネリ化の対策の一つとして、駆け引きはとても有効です。
それでは交際中の駆け引きテクをお教えしますね♡

恋愛は押して引く♡恋人同士の駆け引きテク① 駆け引きの王道!返信を遅らせる

駆け引きの王道といえばコレ!「返信を遅らせる」こと。

付き合う前は、相手に自分のことを考えさせるためにわざと返信を遅らせますよね。
仲が深まっていくにつれて返信時間を短くしてたという人も、きっと多いはずです。

では付き合ってからはどうでしょう?
気づいた時に返信するとか、暇なら即レスするなど、返信するタイミングを気にしなくなったのではないですか?

付き合って半年までは良いかもしれません。しかし、交際年数が増えるにつれて即返信をすることが負担になったり、連絡がない時に恋人を思う時間が少なくなったりしてくるのです。
中には、連絡を取り合わなくなってきたというカップルもいます……。

それではマンネリ化一直線です。
打破するためには、押したり引いたりの恋の駆け引きが必要なんです♡

初々しかった頃を思い出して、返信のタイミングや内容を調節してみませんか?
彼はきっと「最近返信が早かったり遅かったり、何してるんだろう」とあなたのことを考える時間が増えるはずです。

返事を早く送りたくなる人は、自分の時間をもっと増やすことをおすすめします。
一人でできる娯楽や趣味を持ってる人は、男性からの評価も高いのです!

恋愛は押して引く♡恋人同士の駆け引きテク② 真逆をいく!今さらギャップ見せ作戦

もう一つの駆け引きテクは、ギャップ見せです。
ギャップを見せるというよりはもう、真逆をいってしまうという方が近いです。

付き合って長ければ、恋人のことはある程度わかっていると誰もが思うはず。その一般論を覆す行動をしていきましょう!

例えば、普段はおしゃれなバルばかりでデートをしているカップルがいたとします。
彼氏もおしゃれな雰囲気が嫌いなわけではありませんが、たまには彼女と小汚い居酒屋に行きたくなる時もあるかもしれません。
もっとフランクに、まるで友達の頃のように騒ぎたい時があるのです。

しかし、「その気持ちもわかるけれど、デートなんだし」……と彼女は思います。
でも、その気持ちをちょっとだけ我慢して、今日は提灯がぶら下がってるような居酒屋で「ハシゴしよ!」なんて、驚かせるようなことを言ってみましょう。

彼は一瞬驚きますが、嫌な気持ちはしないはず。彼女の意外な一面を見ることができて、探究心が減っている自分に気がつきます。
それが刺激となって、マンネリ化を防ぐことができるのです。

恋愛は押して引く♡恋人同士の駆け引きテク③ 異性の話をする

恋愛は押して引くのが大切!駆け引きには他の異性の話はとっても有効です♪

付き合っていない彼には、最近合コンに行った話をしたり、他の異性について相談したりしましょう。

付き合っている彼には、合コンや直接的に異性の話をするのはNG!
嫉妬を通り越して反感を買い、喧嘩になる可能性もあります。

もしも合コンネタを言うならば「先輩に人数合わせで呼ばれた」など理由をしっかりとつけましょう。

交際中の彼には、職場の頼りになる男性の話や最近注目の芸能人の話で◎
それだけで十分駆け引きをすることができますよ♡

とはいえ、自分自身無理があるなと感じるほど駆け引きをしたり、相手の趣味趣向を全く無視した行動に出るのはNG!
お互いの範囲内で上手に駆け引きしていきましょう。
それを考えるのも駆け引きの楽しいところです♡