忙しい彼に会う時間を作ってもらう方法

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第69弾】

「彼が忙しくてなかなか私と会う時間を作ってくれない!」と悩んでいる女性はいますか? 今回はその対策について。どんな女性になったら彼が積極的に時間を使いたくなるのか、詳しくご紹介していきます。

気分転換したい時に会いたい女になる

忙しい彼に時間を作ってもらうには、大前提として彼の生活を細かく把握している女性でいると良いですよね。

働き盛りの男性の場合、忙しい時間の殆どは仕事に充てられていると思います。
それだけ彼のなかで仕事は重要で、真剣に取り組んでいるものなんだと覚えておくといいでしょう。仕事を頑張りたい男性がもしも彼女に仕事の忙しさを尊重されなかったとしたら、彼の気持ちは離れていくと思います。もっと理解してもらえる女性を他に探したくなるはずです。

ですから、彼の忙しさを尊重しながら、女性が彼の生活の隙間時間に自然に溶け込んでいくようにすると彼に会えるんですね!ここで、彼に時間を作らせる誘導LINEテクニック(例文)をご紹介します。

彼「ごめん!今、仕事で超バタバタしてる〜!」

彼女「いつも頑張ってるね!でもたまには気分転換したほうが仕事もはかどると思うよ(^^)今度、マッサージしてあげる♡」

彼「えー!めちゃ助かる!!」

彼女「いつ行けばいい?」

彼「今週は割と時間、空けられるかも」

いかがでしたか?
この流れは忙しい彼からしたら面倒臭くなくて時間を作りやすいんです。
ポイントは彼に「それをしてもらったら助かる!」というような提案をすることです。
今回はマッサージの提案でしたが「忙しいだろうから、お部屋の掃除しに行ってあげるよ」の日があるのもいいと思います!

ちなみに、忙しい彼が会いたくなくなるのは、時間と手間がかかりそうな提案をされたときです。記念日だから出掛けよう、カフェや遊園地に行こうなど....。学生で時間がある彼に提案するのならOKですが、社会人で仕事に真剣になっている彼を誘うのはあまりお勧めできません。

お出掛けデートは、彼から提案があった場合だけ、便乗するといいですね!女性が自分から誘う際は、忙しい彼のストレスを少しでも軽減させてあげようとか、手伝ってあげようとする誘い方をすると、うまくいくと思います!

彼が抱えている問題を何気ない一言で解決できる女になる

「もっと私に会いたいと思って欲しい」「もっと彼との心の距離を縮めたい」と思ったら、何をしたらいいでしょうか??
その近道は、彼に尊敬される女性になることだろうと思います。尊敬されるとは具体的にどんなことを言うのかというと、たとえば、彼が仕事で直面している問題について相談されるとか、話したくなるぐらいの女性になることです!

人は「自分の悩みを言ってもきっと理解してもらえないだろうな」と感じる、理解力のレベルが低い人に対して、深い話をしようとはしないんですよね。「この人になら自分の悩みを言っても理解してくれそうだな」という人に自分の全てを打ち明けたくなるものです。

仕事を頑張っていて向上心がある男性なら、レベルの高い内容で悩んでいると思います。
仕事が出来る男性の共通点なのですが、仕事で行き詰まった時、その問題に対して、自分のなかにはなかったけれど的確な視点を提供してくれて「あー、なるほど。そんな考え方があったんだね!」と納得感を持たせてくれた人のことをとても重要な人物だと感じるのです。一度、そのような関係になると絶大な信頼と尊敬を得ることができます。

つまり彼に時間を使って欲しかったら、自分自身のレベルを圧倒的に上げることです。
出来る男性とビジネスの話を対等に出来て、彼に刺激を与えられるぐらいの女になるのです。その状態になるには、本気で目の前の仕事に打ち込んだ経験と本気の教養が女性側にも必要です。もしもこれが出来るようになれば女性は無敵ですね!
どんな男性を相手にしたとしても「話したいんだ」「君に会うと勉強になるよ」と、思われる女性になればなるほど、女性は自由を勝ち取ります。自分の好きなように恋愛をすることが可能なんです。

いつも好きなことに没頭している女になる

男性に何度も会いたくなってしまう女性のタイプや尊敬している女性のタイプを聞くと「仕事を頑張っていて輝いている人」という回答を聞く機会があります。

女性がこの発言を聞いて誤解しないように気をつけなければいけないのが「仕事を頑張りすぎて疲れるまで働く女が好き」と言っているかというとそうではない点です。

バリバリ働くのだけど働き疲れしてストレスから彼氏にキツく当たってしまう女性が好きと言う男性は1人もいません。男性たちが何を言いたいかというと「ストレスを溜めないように働ける女性が好き」ということなんだと思います。

ストレスを溜めないように働いていたら、頑張ってる感もキラキラ輝いてる感も女性自身から滲み出てきますからね!

では、どうすればいいのでしょうか?

1つ目は、女性がストレスマネジメントに強くなることです。自分に似合ったストレスマネジメントの方法を見い出していくといいと思います。

2つ目は、好きなことに没頭することです。それが仕事となれば更に良いです。

若い女性は「若さ×可愛さ」が強烈に男性を惹きつけますが、大人の女性が男性を惹きつける要素は「没頭の精神」なのだとある時、気付いたのです。

圧倒的に仕事スキルが高いとか、商才を発揮しているとか、特定の分野に関する造詣が深いとか。そういった大人女性は魅力的ですよね。このような要素は、本気でやりたいことを見つけて、脇目も振らずに没頭してきた人にしか身につけられないのです。

最後に現実の話

「若さ×可愛さ」で女性が男性から求められるのは、せいぜい26歳までです。

26歳以降も男性に求められたいとするのなら、2つのプランがあります。

1つ目のプランは男性のランクを落とすこと。つまり値下げするのです。この方法は女性側に努力があまり必要ではありません。
2つ目のプランは、生涯勝ち続けることです。いい男しか寄り付かない女性になることです。そのプランでいこうと思ったら「今が旬」であってはいけないのです。

ブランドチェンジを繰り返しながら「いつでも旬」な女性になることです。この道を選択するとしたら、時にはとても苦しい日を越えなければいけません。心が折れそうになることもきっとあります。けれどこれが、あらゆる恋愛の悩みを根本的に解決する、唯一の道なのです。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!