大好きな彼の「1番」になるにはどうしたらいい?

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第73弾】

「好きな人の1番になりたい」と、ある女性から相談を受けました。同じような想いを抱いている方はきっと多いはずです。実は、正しい努力さえできれば、好きな人の1番になることはそんなに難しくはありません。どのような努力をすれば1番になれるのか、今回は詳しくご紹介していこうと思います。

① 彼がされて、嫌がること・嬉しいことを聞いておく

一番効果的なのは目の前にいる好きな彼にいっぱい質問して、彼の需要を掴んでいくことです。

「女性にどんなことをされたら嬉しいの?」
「どんなことをしたら私はあなたの役に立てるの?」
「逆にどんなことがあなたのタブーなの?」
「これまで女性にされて嫌だったことがあれば教えて」

これらの質問を投げかけてみて、そこから深く彼の話をカウンセリングするように聞いていくと、彼が女性に対して何を求めているのか、何をされたくないのかを、発見できます。男性もそれぞれ好みがあるので、好きな彼ができるたびに毎回聞くといいと思いますよ。

男性たちの本音を聞いてみるとわかるのが、男性が嫌がることをしてしまう女性が世の中にはあまりにも多いのです。愛されるためには嫌がることをやらなければ愛されるのに、女性たちは男性のタブーを犯してしまうのです。

例えば、インスタに載せられるとか、口が軽いとか。基本的にこのような女性の行動をいい男たちは口を揃えて「嫌い」と言います。
「嫌がることをしない女性になる」というだけで、一歩リードすると思いませんか?嫌がることをしない女性は、彼に負担をかけない女性のことです。

1番になりたい女性が勝利のために何をしたらいいのかというと、負けないことです。ライバルの女性達がいっぱい彼の嫌がることをしてミスしている隙に、自分1人だけ嫌がることをしなければ、それだけでも1番に近づくことができます。
それに加えて彼がされて嬉しいことをピンポイントで提供できるようになれば、「嫌いになる理由がない女」の完成です。

② 彼の理想のタイプに自分がなる

もうひとつ、彼と話し合っておいたほうがいいのが、彼の理想の女性像についてです。あなたが夢中にさせたいのは他の誰でもない目の前の彼なので、彼の理想の女性像に合わせて、自分を作り替えていくといいですよね!

「どんな女性があなたの理想なの?」
と、何度も言い方やタイミングを変えて彼に質問するといいですね!どんな生き方や選択をする女性を彼がいいと思っているのか、理由まで詳しく聞いておきます。

特に自分自身の考えやこだわりがなかったら、彼の理想の女性像に自分がなるように生きれば、彼との幸せは手に入ります。こだわりをなくせる女性のほうが恋愛は強いですよ。彼の1番になりやすいです!

③ 彼が自分以外のいい女性に出会ったとしても、また戻りたくなる女になる

彼の1番になりたい女性が、①番と②番でお伝えしたことを徹底できればかなりいい線にはいけると思いますが、いつでも油断は禁物です。なぜなら、スマホを持っている以上、彼に新しい出会いはいくらでもあるからです。

恋愛中に恋人を束縛する行為は過去のものになってしまいました。いまだに束縛をする人は男女ともにいるでしょうが、束縛している「つもり」になっているだけで効き目がありません。今日までは最高の女だと彼に思われていたとしても、彼が明日、もっと最高の女に出会ってしまえば、自分は捨てられるかもしれません。現代はどこにいても、そういったことが起こる可能性があります。

ですから、考えておかなければいけないのは、彼が外で魅力的な女性に出会ったとしても、また自分のところに戻ってきたくなるように仕向ける「対策」なんです。

「彼の要求を何でも満たせる女性になれば?」

というのが私からの提案です。これが出来れば圧倒的ナンバーワンかなと思います。なぜなら彼の要求を何でも満たせる女性の話は、男性の口からなかなか聞いたことがないからです。

女性の要求を何でも満たせる男性は何人も知っていますしその話はよく聞くのですが、逆パターンはあまり、聞かないんですよね〜。ですから、他の女性がまだ努力していない部分かなと思います。努力していない部分を努力すれば1番になれると思います。

やり方はすごく簡単です。「出来ない」って言わないだけです。彼の要求の種類や質が変化したとしても、根気強くマメに全部対応していけばいいだけです。彼の要求を何でも満たせる女性は、離したくないと思われるでしょうね!

④ 彼以外の男性にもモテる

①〜③番までを完璧にやることができれば、彼のなかではナンバーワンでもありオンリーワンという存在になれると思います。最後にもっとその「地位」を不動のものにする方法をご紹介します。

それが、彼以外の男性にもモテることです。

男性は女性を一度自分のものにすると、安心して追わなくなってしまうところがあります。ですが、「俺の好みを理解してくれて要求を全部満たせる女が他の男性にもモテているのか」と彼に感じさせた瞬間、彼は追いかけてきます。束縛しようとしたり行動に制限をかけてきたりするかもしれませんが、するりと彼の手の中から抜けるようにすると面白いですよ♡

モテる女友達とはよく「たまに連絡を無視するのとか効果的でいいよねぇ」って話をしていますね。彼が調子に乗ってきたなと思えば無視します。「私じゃなくてもいいでしょ?もっと素敵な女性いるだろうからそっち行ったほうがいいよ」とか言って突き放すとさらに追いかけてくるのは不思議ですね。

恋愛は心理戦です。1番になりたければ心理戦に強くなる必要があります。彼には失うかもしれないといつも危機感を持っていてもらったほうが、女性にとってラクな恋愛ができます。たまに無視でもして他の男性にもモテていると、彼はあなたから目が離せなくなります。重要な女性だと、相手の記憶に刻まれていくのです。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!