2番目に好きな異性と結婚すると幸せになれる理由

「1番大好きな人と結婚したい!」大半の女性がそんな気持ちを抱いていると思います。
もちろんその気持ちは大切にして欲しいのですが、“2番目”に好きな男性と結婚するのも、悪くないのかもしれません。
その理由を探っていきましょう♪

将来「どんな結婚をしたいですか?」

どんな人と、どんな結婚生活を送りたいか……考えることもありますよね?
やはり、1番好きな人と結婚するのが、一番幸せなのかもしれません。

もしもの話ですが……大好きな彼に彼女がいた場合、まさかの既婚者だった場合どうしますか?

「1番好きな人と一緒に居たい!」という気持ちを押し通し、浮気や不倫をしてまで、その人と一緒にいますか?

初めのうちは幸せかもしれません。ですが、時間が経てば罪悪感、自分に乗り換えた彼への不信感……そんなことが気になっていては、幸せにはなれませんよね。

極端な例えでしたが、実は、『1番目の相手ではなく、2番目の相手と一緒になったほうが幸せになれる。』といった声もあるんです。
その理由はなんなのでしょうか?

2番目と結婚する方が幸せになれる理由:束縛をしなくなる

好きすぎると、自分のものだけにしたくなりますよね。良くないとわかっていても、彼を束縛してしまいます。

毎日の刺激は少ないかもしれませんが、2番目に好きな人なら、束縛せず、心穏やかに過ごすことができます。

よく男性が「若い頃は、刺激的な小悪魔っぽい女性を好んだが、年を重ねるに連れ、安心できる心穏やかで居られる人と、一緒に居たくなった」なんて話も耳にします。

1番好きな人と居ると、ドキドキと刺激的な日々。
2番目に好きな人と居ると、心落ち着く、穏やかな日々。

あなたは、どちらの日々が理想的ですか?♡

2番目と結婚するのが幸せになれる理由:ありのままの自分でいれる

好きすぎると、自分をよく見せたい、いい女と思ってもらいたいと、取り繕いがちです。

一方、2番目に好きな人だと、自分を取り繕うことがあまりなく、ありのままの自分で居られます。

素の自分を出せる2番目の人は、安心でき、居心地がいい人という存在に、変わっていくのです。

私は結婚していないので、結婚がどういうものかはわかりませんが、恋愛と結婚は違うと思います。
一緒にいてラク、素の自分を出せる相手は、とても貴重な人だと思いますよ♪

2番目と結婚するのが幸せになれる理由:妥協ができるようになる

1番目に好きな人は、本当にあなたが思っているような人でしょうか?

『会っていない時間も、1番好きな彼のことで、頭がいっぱい』

そうなると勝手に妄想を膨らませ、頭の中で彼を現実よりもずっといい人で、魅力的な人に仕立て上げてしまうことも……。

1番好きな人へは、自分の理想を重ねて、思い込みしがちなんです。

一方、2番目に好きな人のことは、あまり頭では考えないことが多いですよね。
理想とズレて落ち込むことがないんです。
理想を抱きすぎてしまう人は、2番目に好きな人の方が合っているかもしれません!

2番目と結婚するのが幸せになれる理由:あなたのことが好きな人=一緒にいたい人

2番目に好きな人は、“あなたが好きな人”ではなく、“あなたのことが好きな人”ではありませんか?

2番目に好きな人とお付き合いをしたり、結婚するのは、「相手に失礼じゃない?」と思われる方も多いと思いますが……。

私自身、自分が好きになる人は、一緒に居ると楽しくなかったり、居心地がよくないことも……。
1番好きな人は憧れだったり、面食い女子なら見ているのが楽しいだけな人なのかもしれません。

一方、自分のことを好きになってくれた、2番目に好きな人は、一緒に居るととても楽しく、心地良いことも♡

あなたが好きな1番好きな人=タイプの人
あなたのことが好きな2番目に好きな人=一緒に居たい人
なのかもしれません。

それに、自分のことを好きになってくれるって、とってもありがたいこと。
その気持ちを素直に受け入れてみても、良いのではないでしょうか?

あくまで一つの意見ですが、実は2番目に好きな人が、本当はずっと側にいて欲しい、1番好きな人なのかもしれませんね♡
『2番目に好きな異性と結婚すると幸せになれる理由』についてご紹介しました。
これは一つの意見ですが、恋愛で悩んだ時「こんな考え方もあるんだな」と、頭の片隅に置いておいてください♪

【関連記事】理想的な出会い「一途な男性」の特徴!幸せになるための見分け方9つ♡

彼女以外の女性に脇目もふらず、一途に一人を想い続ける男性って素敵ですよね。4MEEE読者のみ...

二番目 好きな人 結婚 理由

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる