面倒くさっ!友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法4つ

友人の彼氏や旦那の話を聞くって、結構面倒くさい……。
自分も誰かいれば、もう少し笑顔で聞けるけど、そうはいかない。
友人のおのろけにストレスが爆発する前に、早急に対処を♡
そこで今回は、友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法をご紹介いたします。

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法①本人には指摘しない

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法1つ目は、本人には指摘しないことです。

一方的にラブラブ自慢をされると、ピークを迎えたときに「もうやめて!」と言い放ってしまいそうになりますが、おそらく本人に指摘したところで直らないでしょう。

もし、一友人が指摘したことで直る程度だったら、とっくに修正できているはずです。

学生時代なら、お互いの言いたいことを言い、仲を深め合うが1つのスタンスだったかもしれませんが、今は大人になってそれぞれの世界に入ってしまっている状態。

本人に指摘することだけが解決法ではないということを覚えておきましょう。

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法②こっそりミュートにしておく

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法2つ目は、こっそりミュートにしておくことです。

友人からSNS経由でラブラブ自慢をされるなら、ミュートにしておきましょう。あきらかにフォローを外すと、必ず本人にバレます。

こっそりミュートにしておけば、自分のタイムラインには流れてきません。

彼女と会うとなっても、そのときだけ彼女のページに飛んで、チェックしておけばいいのです。

ミュートにすれば、一時的であっても、ラブラブ自慢から解放されます。直接何か伝えるより、賢いやり方でしょう。

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法③SNSの閲覧頻度を大幅に下げる

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法3つ目は、SNSの閲覧頻度を大幅に下げることです。

ミュートにしても、彼女と会ったときに「この間、Twitter(ツイッター)にも書いたんだけど」と話を振られて、対応に困るなら、SNSの閲覧頻度を大幅に下げましょう。

1日に2回と決めて、閲覧頻度を調整すれば、彼女のラブラブ攻撃を受けなくて済みます

一方的に自慢されることもないのです。精神的に余裕がないときは、一切みない、というのも1つのやり方。

彼女の一言、一言に振り回されないように気をつけてください♡

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法④軽く流して読む

友人の「ラブラブ自慢」に疲れたときの対処法4つ目は、軽く流して読むことです。

1番いいのは、彼女のラブラブ自慢をまともに受けないことです。どんな情報も、そこに載せてある文章と写真だけがすべてではありません。

おそらく、それだけラブラブ自慢をするということは、本人も心のどこかで彼一筋の生活に納得がいっていないのでしょう。

あまりこちらが深く考えても、本人は態度を改めるつもりはないでしょうから、軽く読み、軽い気持ちでいいね!を押しておけばいいんです。

すべてを100%で受け止めていると、疲れてしまいますよ。
いかがでしたか?

ラブラブ自慢に疲れたときは、立ち止まって深呼吸。
彼女の一方的な報告に振り回される必要はありません。
軽く流し読みして、あとは何も気にせず、今まで通りのペースで過ごしましょう♡

【関連記事】いい大人がもめないで!友人とSNSトラブルを起こしやすい女子の特徴

「○○ちゃんが遠まわしに悪口書いたんだけど!」友人からSNS絡みの相談をされた経験はありませ...

ラブラブ 自慢 対処法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる