20代よりも30代のほうがモテるようになった女の特徴

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第109弾】

「内面から美しさが滲み出ているような大人女性たちは何をしているからその状態が保てるんだろう」と気になった経験はありますか?

30以降の美しさは20代の過ごし方で決まる!?

大人女性の美容法はあらゆるメディアを通して入手することができると思いますので、今回は、あまり知られていない「時間の使い方」についてのお話を書きます。

20代を一通り経験して、30代前半の年齢を通過中の今、気付いたことがあります。20代の美しさと30代の美しさは中身が違うんです。20代は誰もが「女の旬」でいられる年齢。何もしなくても素のままが美しいので、例えば、男性からご馳走してもらったり、女扱いをされたりするスペシャルな限定期間という感じ....。

30代になるとびっくりするぐらい、20代では見られなかった部分を男性から見られるようになるんです。20代から知り合いだった男性だとしても30代になると自分への見方が変わるのです。

30代ではどんなところを男性から見られる?

尊敬できる女性かどうか、仕事を責任感持ってやり抜ける人かどうか、他人を許容する力があるか、お金遣いや、品の良さはあるか、そんなところを、チェックされるようになっていきます。あともうひとつは、どんな男性と恋愛してきたのか、履歴書を覗くように過去の恋愛をチェックされる場合もあります。直接聞かれるというより、雰囲気で感じ取られるかもしれません。

まだ30代を迎えていない女性も大勢読んでいらっしゃるかと思いますが、20代の時に言われる「(若くて)可愛いね」という文句も30代では多くは言われなくなります。仮に言われたとしても、20代ほどの価値を持たなくなります。なぜなら、もっと若くて旬で可愛い女性が下の世代に待ち構えているからです。では、どうしたら、20代でも30代でも美しく輝き続ける女性の生き方(つまりは時間の使い方)ができるのか、これから3つのポイントをご紹介します!

①過去にチヤホヤされた記憶は忘れて生きる

人はどうしても過去に生きてしまう傾向があります。昔はチヤホヤされたとしても過去は過去。逆にモテた経験がなかったとしても、それはそれで、過去なんです。

過去と未来は別物です。過去の成功体験でも失敗の記憶でも全部忘れてリセットしながら進める人はつよいんですよね。「毎日が初日」のテンションで新しい自分にいつでもアップデートして生まれ変わることが可能だからです!

②表面的な友達はマイナスに作用する可能性も

自分の考えを持っていて芯のある美しさを手に入れたいのなら、表面的な女友達や惰性の人付き合いは恋愛にはマイナスに作用する可能性もあります。25歳を過ぎたぐらいから「中身のある会話をできる人かどうか」を男性から求められるんですよね。

例え話ですが、愛する男性が本気で仕事の挑戦をして壁にぶち当たったとき、彼の立場や精神的な苦しみをほんとうにわかって、適切な言葉をかけてあげられる自信がありますか??

いつも友達同士で表面的な関係を築き、表面的な会話をしていると、そういった彼の人生にとって正念場のタイミングで、彼に寄り添い、言葉で彼を救ってあげることが出来ません。日頃から深い話ができるような友達を持っているのなら、真剣な話に対応することにも慣れていますけどね。

振られた真剣な会話に的確に返せるようになることも、大人女性のモテ要素です。

③モテる30代女性の時間の使い方

私が見てきた、いい男にモテている30代女性の共通点といえば「1人の時間をたのしんで過ごすことが多い」という点です。

30代でモテる女性は、ブレない自分の軸が出来上がっているので、好き嫌いも自分らしさも自分らしくないなというところも自己分析ができているんですよねぇ。生活自体もシンプルで自分らしく好きなことだけで生きているからこそ、外からの誘惑に惑わされないのかもしれません。ただ、最初からその状態では無かったと思いますよ。

様々な経験と学びを経て、「コレが私なんだ!」というのを発見していったんだと思います。

10代20代の頃に、そのような大人女性に出会えたのならラッキーですね!時間の使い方を真似てみると新鮮な世界を味わえるかもしれません。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!