恋のライバルが多いなかで「1番になれる女」だけが実践していること

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第144弾】

近頃、恋のライバルが多いなかで「私が1番になるにはどうしたらいいですか?」といった内容の恋愛相談を受ける機会が増えてきました。

自分が最も重要な女性であると彼に感じさせている女性たちは、彼の前でどんな対応をしているのでしょうか?

時間をかけて自分を選ばせるように仕向ける

1番になれる女性の特徴は「気が長い」ことですね!

「いい男もいい女も相手がいるのはまあ当然だよね」ってところから恋愛を始められるので現実が見えています。

大人の恋愛は複雑と言われたりしますが、年齢でいうと30歳近くなってきて魅力的な人には恋人がまったくいなくてフリーの状態って男も女もほとんどナイと思います。

そのぐらいになってくると(彼のこと,彼女のこと)を絶対に離さないと思って陣取ってる人がいるケースもあるかと(笑)

この関係性を崩していくには時間がかかります。ですから、気が長い人は結果を出します。彼を地道にコツコツと愛し続けることができる。その本気の情熱や粘り強さが彼に買われてライバルが自然と消えていくのです。もしも努力なしですぐに1番になりたいのなら自分が男性に求めるスペックを1ランク落とすことをおすすめします。

モテるハイスペ男子を落とすのはそれなりに努力が要りますからね(^^)

ライバルの女性が彼のどんな需要を満たしているのか知っている

「1番になれる女性」は情熱的であると同時に冷静さも持っています。恋のライバルがいるとわかると感情が揺れてしまうのがフツウですが、その気持ちをコントロール出来るんですよね!

1番の女性だけがライバルの存在を受け入れて認めることが出来ると思いますね~!彼が彼女を必要とするのは彼女には何かしらの魅力があるからです。まずそれを認めないと話になりません。「負け」を認めるってことです!

すると「たしかに彼目線で考えると彼女が必要とされる理由はこういうところだろうな、わかるわ~」といったような、ライバル女性が彼の需要をどのように満たしているのか、2人の関係性や会う頻度まで読めてくるんですね。

そこまでいったら次のステップはみえてきます。例え話を書きますが、

「うちの店でも同じものを売ってますよ。彼女の店にも同じものあるけどうちの店で買ったほうがあれもこれもついてくるし送料無料になるのでお得です」といった売り方に自分を作り変えてしまえばいい。

すると彼は「1つの店で買い物が全部済むんだったらこっちのほうがラクだな」と自然と1店舗(1人の女性)で満たされるようになってきます。もしかしたらたまに浮気するかもしれませんが、それでも、1つのお店で全てが揃う便利さはなかなか抜けられるものではありません。

何が言いたかったかというと、彼を略奪して1番になりたければ彼の周りにいる女性たちが満たしている彼の需要、要求、欲望を「すべて私1人で満たします!」という存在になることなんです。

一緒にいて楽しくて安心できる存在になっている

これは本当に選ばれ続ける女性の条件だと思います。彼が自発的に会いたいと思う女性は、彼からすると一緒にいて楽しくて心から安心できる存在。

しかし、相手がハイスペな彼であればあるほど「楽しくて安心できる」と思わせるのは、難易度が高くなります。ハイスペ男子は女性に対して求める理想も高いですしね!

出来る男性はコミュニケーション能力が高くて、頭の回転も早いので、女性の話をウンウンと聞いて楽しませる会話ができる方も多いのではないでしょうか?女のツボにハマる会話ができるんです。

1番になれる女性だけは、ただ彼が与えるものを受け取るだけのコミュニケーションを取っていないと思いますよ。むしろ積極的に自分から男性を楽しませる会話ができて、彼が安心してくれたらいいなと働きかけることもしています。

普段から「人を楽しませよう」とか「与えよう」と思いながら行動している男性は同じレベルにいる女性のことをよく見抜くんですよね。同じレベルにいる2人は共感し合えるのです。

「彼に選ばれよう」と思っているうちはまだまだ1番にはならないです。「彼を楽しませよう、私には何ができる?」ってこういった考え方をするようになるとどんどん1番に近づいていきます!

「自分は出来るオンナ」だと信じている

1番になれる女性は自己肯定感が高いんですよね〜。自分のことを出来るオンナだとつよく信じています!

「私なら大丈夫」とか「私はやるんだ!」と自分に対して語りかけていないとどんな分野でも1番になんてなれませんし、1番になるやり方さえ、見つけられないでしょう。

確認したほうがいいのが「私は1番になれる女」だって心の底から信じていますか?1番になっているイメージが頭の中でしっかりと思い描けていますか??

そこが重要です。
イメージさえ固まれば実現するからです。

1番になれる人は「1番になるのってポイントを抑えればまあ勝てるよね」とそんな風に自分自身を捉えています。「私は出来るオンナだから当然」なんですね!

そのぐらい自分に対して誇りを持って信じていると彼は隣にいたがります。別れたいと言っても離してくれなくなりますよ^_^

もしも、今の自分に自信が持てないとしたら、「自信をつけるために私は何をやったらいいんだろう?」この質問を自分に問いかけてみてください。そして行動を起こして、昨日の自分よりも一歩前に出てみてください。日々のちょっとしたことの積み重ねが結果になります!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!