「あなたが一番」と思わせる。アラサー女性のための男性の立て方

アラサー女性ともなると、男性とは恋愛でのお付き合いのほかにも、仕事でのお付き合いもあったり……と、なにかと男性に対して気を使うものです。
アラサー世代の女性はとにかく「男性を立てる」とうまくいく!といわれますが、どのように男性を立てればよいのでしょうか?
そこで今回は、アラサー女性の男性の立て方を4つご紹介します♡

アラサー女性はこうする!男性の立て方:男性は褒められたい生き物だと心得る

様々なシーンで、男性と接するアラサー女性。様々な男性の立て方をマスターしておきたいところ。

恋愛でも仕事でも、どこかで20代のころよりも、「男心を理解しなくては」「男性を立てなければ」と思いがちです。
では、どのように男性を立てればよいのでしょうか?

まず、男性の心を理解することが大切です。
女性からすると、いつまでも子供っぽい男性はイラっとするかもしれませんね。

ですが、男性はいくつになっても褒められたいと思う生き物なのです。
スゴイね!かっこいいね!といって男性をその気にさせるのが、男性を立てるということの第一歩なのです♡

アラサー女性はこうする!男性の立て方:「あなたが一番」と思わせる

男性は、自分が一番!と思っているものですし、そう思われたいのです。

男性が、自分のことを「俺なんて~」と言い出すこともあるかもしれませんが、それは女性から「そんなことないよ。あなたが一番よ。」と言われたいというサインです。

たとえテレビの中の話でも、かっこいい俳優の話は絶対にタブー!
女子会ではOKな話でも、男性といるときは芸能人を含め他の男性の話は控えましょう。

例えば仕事の場で「あの人の方がしっかりしてデキる人だ」なんて話題は、男性としては面白くないのです。

あなたが一番!と男性を立てるのがアラサー女性の男性の立て方です♡

アラサー女性はこうする!男性の立て方:男性がおごるのは見栄なので乗る

男性によっては、毎回食事をおごってくれたり、たまに「ここは自分が」とおごってくれたりする人がいますよね。

ですが、ここで女性が断ってしまうのは男性としては面白くないのです。
なぜなら、男性は見栄でおごっているから。

アラサー女性が、「あまりにも頑なにおごられたくない!自分で払う!」と言ってしまうのは、男性の見栄を張りたい気持ちとぶつかってしまうのです。

毎回悪いな、と思うのであれば家で手料理をふるまうなどして、男性の負担を軽くする提案をしてみましょう。

また、おごってもらうときにはきちんとお礼を言うことを忘れずに。たまに小さなプレゼントでお返しをするのも、お互いに気分よくいられるおすすめの男性の立て方です♡

アラサー女性はこうする!男性の立て方:男性の嫉妬ほど厄介なものはないと心得る

男性というのは、意外と嫉妬深いものです。

例えば女性の方が仕事で大きなプロジェクトを任されている、なんだか忙しそうにしている場合は、男性は「仕事頑張ってね!」と言ってくれるかもしれませんが、それはたいがい建前。

アラサー女性が男性を立てたいのであれば、自分の仕事の話は控えめにすることをおすすめします。

仕事の話は、男性が多少話を盛っているだろう、自分の方が稼いでいると思ったとしても口に出さないのが正解です。

男性が女性の仕事に嫉妬したり、優雅なプライベートに嫉妬したりすることはとても厄介です。女性の嫉妬よりも男性の方がときに根深いものですから、まず男性を立てておいて損はありません!
アラサーにもなれば、男心を理解して、男性を立てたいもの。
恋愛でも仕事でも、男性の心を理解して上手な立て方を知ることが、女性のたしなみなのかもしれません♡

【関連記事】男らしいのに守りたくなる♡巷でブームの“年下彼氏”をつくる方法

♡4MEEE magazine Vol.1 p.96〜「“最幸”に幸せな結婚をするには」

アラサー 女性 立て方 男性

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

つぼいまりこ

つぼいまりこ
美容、モテ、節約、インテリアなど、幅広く興味を持っています。
女性ならで…

>もっとみる