【痩身エステ】どれが痩せる?ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーション

BEAUTY

エステサロンで人気の痩身メニュー「ハイフ」「ハイパーナイフ」「キャビテーション」。名前を聞いたことがあっても、いまいち違いがわからない人も多いのではないでしょうか。
この記事では、3つの痩身メニューの特徴や効果の違い、メリット・デメリットを解説します。おすすめのエステサロンもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

おにき
おにき
2022.05.16

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの違いとは?

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの違い出典:www.shutterstock.com

エステサロンの痩身メニューには「HIFU(ハイフ)」「ハイパーナイフ」「キャビテーション」があります。
まずは、それぞれの違いについて見ておきましょう♪

  ハイフ ハイパーナイフ キャビテーション
リバウンド なし あり なし
即効性 あり なし あり
頻度や回数 1ヶ月・1〜2回 週1〜2・3ヶ月間 週1〜2・5〜6回程度
特徴 ・脂肪細胞を小さくする
・顔や身体全体に可能
・脂肪細胞を小さくする
・部分痩せよりも体質改善
・脂肪細胞を分解
・即効性があり部分痩せも可能

「HIFU(ハイフ)」「ハイパーナイフ」「キャビテーション」の大きな違いは、脂肪細胞に対するアプローチ方法です。
ハイフやハイパーナイフは脂肪細胞を小さくするのに対して、キャビテーションは細胞そのものを分解する働きがあります。

メニューの特徴を知っておかないと、自分が思っていたような効果が得られない可能性もあるので注意してくださいね。

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの特徴とメリット

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの特徴出典:www.shutterstock.com

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーション、それぞれのアプローチ方法に違いがあることがわかりましたが、「どの部位に効くのか」「どんな効果が期待できるのか」疑問に思っている人も多いはず。

ここからは、ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの特徴とメリット・デメリットをご紹介します!

ハイフの特徴とメリット・デメリット

ハイフ(HIFU)とは、High Intensity Focused Ultrasoundの略で、「高密度焦点式超音波療法」という方法を使っています。ピンポイントに光を集めて、狙った脂肪細胞を振動し、摩擦熱で脂肪燃焼を促します。

メスや注射を使わない治療法なので、手軽に試せると人気を集めているのだそう。
毛穴の開きやたるみ、シワなどの顔の悩みから、お腹痩せや二の腕の引き締めまで広範囲に施術可能です♪

ハイフのメリット

  • 筋膜に直接超音波を照射するので即効性がある
  • 脂肪細胞を排出するのでリバウンドが少ない
  • 身体や肌への負担が少ない

ハイフのデメリット

  • 熱を発するので痛みを感じる場合も
  • 体質によっては赤みや腫れが出る

ハイパーナイフの特徴とメリット・デメリット

ハイパーナイフは、ラジオ波痩身マシンのひとつで、1MHz(1メガヘルツ=1秒間に100万回程の振動)という高周波の超音波を当てて熱を発生させ、脂肪細胞そのものを小さくする施術方法です。

身体の脂肪やセルライトをもみほぐし、脂肪の燃焼や代謝を促進させます。痛みや熱はほとんどなく、じんわり温かくなっていくのでリラックスして施術を受けられます♪

一回の施術でも、十分に脂肪がやわらかくなるので、痩せにくくて悩んでいた人におすすめです。

ハイパーナイフのメリット

  • 固くなった脂肪をやわらかくできる
  • 痛みや熱がほとんどない
  • 新陳代謝がアップする
  • 身体や肌への負担が少ない

ハイパーナイフのデメリット

  • キャビテーションほどの即効性はない
  • 脂肪そのものは減らせない
  • 部分痩せよりも体質改善向き

キャビテーションの特徴とメリット・デメリット

キャビテーションは、脂肪の中に超音波で気泡を発生させて細胞そのものを分解する施術方法です。
破壊された脂肪細胞はリンパ管や血管に流れて、体外に排出されやすい状態になります。

背中や太ももまで幅広い範囲を照射でき、3日〜1週間で効果が実感できます。
骨伝導の音がしますが、痛みや熱さがないのでチャレンジしやすい痩身マシンです。

キャビテーションのメリット

  • 脂肪細胞の数が減るのでリバウンドしにくい
  • 1回の施術でもサイズダウンを実感できる
  • ピンポイント施術可能なので部分痩せできる

キャビテーションのデメリット

  • 脂肪細胞に働きかけるので脂肪燃焼効果はない
  • 肝臓に負担がかかる場合がある

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションがおすすめの痩身エステサロン

痩身エステサロン出典:www.shutterstock.com

痩身エステサロンは数多くありますが、サロンによって扱っているメニューはさまざまです。

サロン選びで迷ってしまう人のために、ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションがおすすめの痩身エステサロンを3つご紹介します♪

キレイサローネ

キレイサローネ出典:kireisalone.jp

KIREISALONE(キレイサローネ)は、親しみやすさをコンセプトにした定額制のエステサロンです。
清潔感のある明るい店内・完全個室で施術してもらえるのがポイント♪

最も人気のある全身エステコースでは、ハイフ・キャビテーションの他にスーパラジオ波やEMSも体験できます。併用して施術することで、より効果が期待できそうですね!

無料カウンセリングも行っているので、希望メニューや体質の悩みがある人はぜひ一度相談してみてください。

Salon de Fulala

Salon de Fulala出典:fulala.jp

Salon de Fulala(サロンドフララ)は、表参道・横浜関内にある痩身エステ専門店。全身痩せから部分痩せまで希望に合わせたメニューが選べます。
一番の魅力はハイパーナイフとヴィーナスラインを合わせた施術ができること♪料金も比較的リーズナブルなので、気軽に体験できちゃいますね。

初回のカウンセリングを長めに行っているので、痩身エステが初めての人でも安心です!

シーズ・ラボ

シーズ・ラボ出典:www.ci-z.com

CI:Z.LABO(シーズ・ラボ)は、全国27店舗で展開する大手のエステサロンです。すべてのコースは皮膚の専門家が監修し、より効果が実感しやすいメニューを提供しています。

とくにハイパーナイフとキャビテーション、マッサージがセットになった「速攻痩せキャビキャビテーションコース」は大人気♡
自己流のダイエットでなかなか痩せない人は、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションは同時併用できる?

エステサロンでの施術出典:www.shutterstock.com

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの違いをご紹介してきましたが、せっかくならダイエット効果がより期待できる施術を受けたいですよね。
それぞれの施術は同時併用できるのでしょうか。

結論からいうと、「ハイパーナイフ+ハイフ」「キャビテーション+ハイパーナイフ」「キャビテーション+ハイフ」「キャビテーション+ハイパーナイフ+ハイフ」で同時併用が可能です♪
それぞれ違った特徴を持っているので、組み合わせることでより良い効果が期待できるでしょう。

ただし、ハイフの施術は少し高めの設定なので、組み合わせのコースを用意しているエステサロンは少ないです。
エステサロンを選ぶときは、自分が受けたい施術があるかどうかもチェックが必要ですね。

また、施術のやりすぎは肌に影響を及ぼす可能性もあるので注意してください。

ダイエット効果が高い施術の順番

ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションは、それぞれ組み合わせが可能です。
どのような順番で行うと、高い効果が得られるのか確認しておきましょう!

  • ハイパーナイフ→ハイフ
  • キャビテーション→ハイパーナイフ
  • キャビテーション→ハイフ
  • キャビテーション→ハイパーナイフ→ハイフ

キャビテーションは、脂肪を破壊することができますが排出はできません。
そのため、ハンドマッサージやハイパーナイフで、溶解した脂肪を排出する必要があります。ハイパーナイフのみでもむくみの改善や脂肪燃焼ができますが、キャビテーションと併用することでより高い効果が期待できますよ♡

また、エステサロンによっては筋肉運動させる機器の「EMS」を併用させているところも。

施術を受けるときは、それぞれにどんな特徴があり、どこに作用しているのかを知っておくと自分に最適なコースが選べるでしょう。

効果や部位に合わせて痩身メニューを選んでみて♡

この記事では、ハイフ・ハイパーナイフ・キャビテーションの違いについてご紹介しました。
ハイフとハイパーナイフは脂肪に熱を与えて燃焼を促す施術で、キャビテーションは脂肪細胞そのものを分解する施術方法です。
それぞれ役割や効果的な部分が違うので、組み合わせるとより痩せやすくなるかもしれませんね。
痩身マシンだけでなく、有酸素運動や筋力トレーニングを加えると、さらに魅力的な身体を目指せますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。