rafunaのコスメ

美容業界女子が推す!「本当は教えたくない」とっておきビューティー#5/アジュバンコスメジャパン・鈴木みどりさん

Beauty

「人をキレイにするため」美容業界を牽引する企業で働く人達が、「本当は教えたくない」と思う美容法、美容アイテムをピックアップ!

4MEEE アイコン
4MEEE original
2022.07.15

答えてくれたのは……

鈴木みどりさん

◆株式会社アジュバンコスメジャパン プランナー 鈴木みどり(すずきみどり)さん

大学卒業後、食品会社に入社し、マーケティング部にて健康食品事業と化粧品事業を担当。2020年よりアジュバンコスメジャパンへ。現在は商品企画部にてスキンケア・メイクのブランド開発、プロモーション業務を行う。趣味は旅行とおいしいものを食べること。

「化粧品メーカーで働くやりがいのひとつは、主体となってものづくりに携われること。処方設計からパッケージデザイン、プロモーションなど数年間かけてつくりあげていく商品達は、まるで愛情を注いで育てた我が子のようです。そうやって自信をもって世の中に送り出した商品が『肌の調子がよくなった』『すごくいい』などの嬉しいお声をいただくと、この仕事をやっていてよかった、もっと頑張ろうと思えます。また、最新の美容やトレンドについても学べるので、自分自身の美容感度も高くなりました。仕事を通じできれいになれるって一石二鳥だなと感じます」

Q.本当は人に教えたくない!美容アイテムは?

▶︎フォームローラー

フォームローラー

最近のお気に入りアイテムは、フォームローラーです。普段の仕事は机に向かって座りっぱなしになることが多く、体が固まって姿勢が悪くなりがちなので、家では筋肉をほぐしたりストレッチをしたりするよう心がけています。何気なくテレビを見ているときにフォームローラーで足裏をマッサージしたり、入浴後15〜30分ほど音楽を聴きながら自分の体と向き合う時間を意識的につくったりしています。この習慣をはじめてから、足のむくみが取れやすくなったのと、姿勢を意識するようになったことで肩こりや腰痛も軽減された気がします。痛気持ちいい感じがやみつきで、お気に入りです。

Q.自社人気No.1!?社員がリアルに推すアジュバン製品は?

▶︎メイクブランド rafuna

rafuna

2022年春に発売されたばかりのメイクブランド「rafuna(ラフナ)」が人気です。アジュバンらしいスキンケア発想の処方設計はそのままに、誰でも簡単に使いやすく、ずっとつかれない心地よさを体感できるメイクアイテムです。特に人気なのは「ホワイトニングヴェールプライマー(化粧下地)」。みずみずしいテクスチャなのでスキンケアのような感覚で塗布でき、ムラなく仕上がるので時間のない朝にも最適です。その後のファンデーションやルースパウダーを美しく仕上げることができるため、日中のメイク崩れを防ぐこともできます!メイクを楽しみたいと思っている方にはもちろん、忙しい毎日の中でメイク時間がなかなか取れない、うまく仕上がらないなど、毎日のメイクにちょっとしたストレスを感じているすべての方に是非使ってみていただきたいです。

【rafuna LINE UP】はこちら

Q.ご自身のキレイの源になっていると思う、美のルーティンを教えて!

▶︎温活

温活

暴飲暴食をすると肌トラブルに繋がるように、美容と健康には密接な関係があるので、肌に栄養を与えるだけでなく、受容体となる身体のメンテナンスも大切にしています。特に「冷やさない」ことに気をつけています。毎朝のルーティンとして続けているのは「白湯」。朝は体温が低い時間帯なので、コップ1杯の白湯を少しずつ飲んで内側から温めることで眠っている内臓を起こします。また、友人からのすすめで始めた「よもぎ蒸し」にもハマり中。身体を芯から温めて代謝をよくすることで冷えの予防や、めぐりがよくなり肌の調子も整う気がします。よもぎの香りと蒸されている空間でリラックス効果も!日頃の疲れが癒されて質のいい睡眠につながっているなと実感しているので、定期的に通っています。サウナは息苦しくて正直苦手なのですが、よもぎ蒸しなら顔を出すことができるので気持ちよく続けられるのでおすすめです。

***************

プロフェッショナル向け、サロン専売品を扱うアジュバンが手掛ける、「ずっとつかれない心地よさを体感できるメイクアイテム」rafuna注目です!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。