女性が我慢しない恋愛をするための5つのルール

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第34弾】
これまで30本以上の恋愛コラムを執筆してきましたが、私のコラムを読んでいただいた読者の方には「いい男といい恋愛ができるようになって欲しい」という想いがあって書いています。その理由は、どの世代の女性の恋愛相談に乗っていても「我慢する恋愛」に身を捧げて苦しんでしまう方がかなり多いためです。
今回は「恋愛と女性の我慢」をテーマに掘り下げていきます。これを書くことによって少しでも恋に我慢しない女性が増えることを願っています。

【我慢しない恋愛ルール1】イマイチ男を否定し続ける!

「いい男といい恋愛をする」とはどういうことかというと、「いい男ではない男」とは恋愛をしないし、貴重な女性自身の時間をあげないという意味です。実はこの方法は万人に愛される道とは真逆の道なんです。イマイチ男を否定し続けることで女性にとっては最高の環境を手に入れる「否定の道」です。

我慢の恋愛を続けてしまっている女性は気づいたほうがいいでしょう。目の前のイマイチ男を選ぶことによって、もっといい男に出会うかもしれないチャンスを自ら喪失していることを。
「イマイチ男」をあっさり否定して切り捨てる習慣を身につければ「いい男」しか自分の周りには残らなくなります。

口に出して否定しなくたっていいんです。笑顔でニコニコしながら「イマイチ」と思った瞬間、もう会わないと決めて連絡を取るのをやめたらいい。1つ言えることは、イマイチは、どこまでいってもイマイチです。
中途半端な関係性のまま彼をつなぎとめるぐらいなら、他の女性に彼をあげちゃえば??

【我慢しない恋愛ルール2】彼の成長を待たない!

「彼の成長を待つ」という我慢の仕方をしている女性も多くいらっしゃると思います。相手を好きで信じたい気持ちからそうしてしまうのだろうと思います。特に彼が年下とかまだ若い場合は彼には将来の可能性がたくさんあるように見えてしまうのです。実際の価値よりも高く見積もってしまうんですね。ですが、冷静に考えてみるとどうでしょうか?

成長している人は急成長の積み重ねをしてきているから成長しています。誰かに成長を促されなくたって自分で自分を成長させることが出来ます。どこまでも成長していく人というのは、自己管理能力が高く、成長する環境を自ら選べる人なのです。

彼の成長を待ったとしても女性自身は成長しません。彼の成長を待つことを喜びに感じる人はそのままお付き合いするのがいいですが、彼の成長を待つのがキツイなと少しでも感じるなら、彼を断捨離して、自分自身が成長できる彼に乗り換えることをオススメします。
「成長しない男は置いていく」ぐらいの選択を女性がしていたほうが男運は本当にあがります。追いかけなくても追われる女になります。
もし彼に根性があるとするなら置き去りにされたと分かると必死になってしがみついてきます。いざとなった時にそういう対応をする人こそ、何歳になっても、成長を続ける人です。

【我慢しない恋愛ルール3】言いたいことを言って嫌われるぐらいなら愛されなくてもいいと覚悟すること!

「言いたいことがなかなか言えない」「NOがなかなか言えない」という我慢も恋愛にはありますよね。その裏には「愛されなくなるのが怖い」といった恐怖があります。

相手を満足させることはできるとしても自分が満足できない関係性はいつかガタがきます。もしも、自分をさらけ出してみてそれで嫌われるぐらいの人ならそこまでの人だと割り切ると真面目な女性の人生はだいぶラクになります。さらけ出してダメになるような関係ならあまり濃い縁ではない可能性が高いからです。

恋愛には「小物の愛」と「大物の愛」があります。
小物の愛は短期集中型の学びをするような彼との関係です。大物の愛は何年も長続きをします。腐れ縁のように、切っても切れない関係になる彼のことです。

大物の愛なら、お互いに本心でぶつかり合ってさらけ出したとしても嫌われるどころかさらに好きになるような関係になると思います!ですから「大物の愛しか私は要らない」と心の中で宣言していれば、小物に嫌われようと特に気にならなくなるんですね。そして、女性が大物の愛に出会うのは、我慢をしなくなった時です。

【我慢しない恋愛ルール4】冷静に恋愛ジャッジをしてくれる女友達をもつ!

やはり「恋は盲目」ですから、見る目のある第三者に相談しながら恋愛するのはいいアイディアです!
冷静に恋愛ジャッジをしてくれる女友達をもつこと。例えば、「〇〇君と付き合っていた時より、今のあなたのほうが生き生きとしていていいよね!」「彼と結婚しなくて本当に良かったね!今の彼のほうが全然いいじゃん!」などと正直な感想を言ってくれるような女友達です。
私には、お互いに恋愛ジャッジができる女友達がいますが、みなさんには、そのような関係の女友達はいますか?

女同士の関係ではレベルが低いものになると「私より彼女のほうが先に幸せになってしまうのは困る」という気持ちから言動や行動を起こすような関係があります。いわゆる「マウンティングし合う女達」です。そういう女友達や環境がもし身近にあるとするなら付き合うのも群れるのも今すぐやめたほうがいいですね。

その世界に生きていると、本当にいい男は逃げていってしまうからです。実際、逃げてきた男性から話を聞いた機会が何度かありましたね。女の腹黒さというのは、賢い男性には見透かされていると思ったほうがいい。
レベルが高い女友達は何が違うかというと、相手の人生を本気で思いやってその気持ちからお互いに発言し合う関係になれることです。そういった友達をもつと人生は豊かになります。

ちなみに恋愛ジャッジを男友達に委ねるのもあまりオススメできません。なぜなら男性には「そんな変な男はやめろよ~」と他の男性を否定して自分の女にしようとする傾向が若干あるからです。

【我慢しない恋愛ルール5】最高の彼をゲットするまで諦めない!

最後に、女性が恋愛ですべき我慢としなくてもいい我慢をハッキリと書いておきます。

先ほども触れましたが、まったく我慢しなくていいのは「イマイチ」とか「ロクでもないな」と感じてしまう男性に付き合うことです。
それに付き合って我慢しても女性が得るものといえば、疲労と老化ぐらいです。

恋愛ですべき我慢は、最高の彼と出会って愛し合うことを決して諦めないことです!
男性に対して高望みをするなら、その理想に似合うような女性になるように努力すればいいだけです。

そのような彼はきっと競争率が高いのは事実です。知り合いになっても意味がありません。

仮に男女関係になったとしても、何度も会いたい女にならないと意味がありません。何度も会いたい女は「何度も会う理由がある女」です。義務や責任から「会わなきゃ」と思われるのではなくて、彼が自発的に何度も会いたいと思って行動を起こすにはどうしたらいいのか。

それに時間をつかって、頭をフル回転させて、夢が現実になるまで努力と我慢をすべきなんです!
他と比較された時に負けない競争力をつけてください。他の誰よりも彼が選びたくなる女になってください。

するとあなたは歳とともにレベルをどんどん上げていくような生き方をするようになります。一度そのサイクルを作り出してしまうと女性は強いんです。
自分から営業しなくてもあなたのことを買いたいって言ってくるお客さん(男性)がいっぱい現れるようになります。ちょっとワガママだとしてもそれ以上のものを持っている女性は特別に許してもらえるようにもなります。

「イマイチ男」は世の中いっぱいいるかもしれませんが実際のところ、上には上がいるのも、忘れてはいけません。最高の彼と恋愛すると感動する場面がいっぱいありますよ。女に生まれて良かったと何度も実感しますよ。ですから、是非そのレベルにアクセスすることを推奨します。妥協するぐらいなら理想を完璧に叶えてみてはいかがでしょうか?

次回、斎藤美海さんの恋愛コラム記事【第35弾】は、7/15(土)21時配信予定!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 恋愛すると間違いなくイイ女にさせてくれるイイ男の特徴。

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第23弾】
女性誌、女性向けのwebサイト、女性たちがホンネを呟いているツイッターなどを覗くと「イイ女になりたい!」という気持ちで、女性達はすご〜く、努力しているのがわかります。

ファッションや美容や習い事……

それらにこだわることは大前提ですが、実際のところ、イイ女はイイ男と恋愛することによって作られるのですね!

ではいったい「イイ男」とはどんな男性のことを言っているのでしょうか?女性誌で恒例の「イイ男特集」では、だいたい「〇〇会社勤務の」「〇〇大学卒業の」「年収はいくらで」「イケメンで♡」といったものが、基準になっています。それも、1つの基準にはなるでしょうが、いい会社に働いているから、年収が高いから、イケメンだからといってイイ男とは限りません。「見栄えがいい男」かもしれませんが、本物のイイ男とはまた違うんですね (^_-)

「イイ男がどんな男性なのかよくわかっていない」なんてことが多いんじゃないかと思いますよ〜。本物のイイ男とは、人間性が素晴らしい男性のことです。イイ男と恋愛すると間違いなくオンナがあがります♡ 恋愛することでいい意味で価値観が変わったり成長できたりする……

今日はみなさんが日常生活を送るなかで男性と出会ったときに「イイ男、発見!」とちゃんとセンサーに引っかかるように「イイ男の5つの特徴」をここに書いておきます♡

【関連記事】 彼氏に浮気された時、できる女はどう対処すべき?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第25弾】
愛する人に浮気をされた時、女性自身の真価が問われるように思います。人間、誰でも本性が出てくるのは、苦境に立たされた時です。
今回、ご紹介するのは、彼の浮気の再発防止対策ではありません。浮気された時に「彼女には頭が上がらないな」と彼に思わせて彼からもっと信頼を受ける方法です♡

浮気された時に女性が粋な対処をすることができれば、「やっぱり俺の人生に彼女は必要だな」と彼は思い直し、女性が自分の価値を高めることに成功するのですが、逆のパターンをやってしまう女性も少なくありません。

「浮気された!」とまるで事件の被害者のように憤慨して、彼氏の携帯をチェックしたり、ある男性から聞いた話によると、なかには、探偵を雇う人もいるらしいのです。そんな事に時間とお金をかけるぐらいなら、もっとしたたかに女性が自分に有利になるように対処する方法がいくらでもあるはずです。

では、浮気された時の「できる女の粋な対処法」とはどういったものなのでしょうか?今から5つの作戦をご紹介しますので、皆さんの参考になればいいなと思います(^^)

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!