「伸びる男」と「伸びない男」の見抜き方【前編】

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第42弾】
本気で女子力を高めていい男をゲットしようと思ったら見る目を鍛えて「男の取捨選択」をしていくといいでしょう。今回は仕事で忙しい婚活女子のための記事です。
「伸びる男」と「伸びない男」をちょっとした生活習慣から見抜く方法を前編&後編に渡って書いていきます!

1.終電を気にしない生活をしているかどうかをチェック!

すごく分かりやすい見抜き方をお伝えすると「伸びる男性」は終電を気にしない生活を送っています。現状維持でいいかなと考えている男性は仕事が終わると電車で帰宅しながらスマホゲームをやったりしています。

「伸びる男性」は若い頃から経済的にも社会的にも成功しようという意識が高いのです。どうやって仕事の実績を作って自分なりの方法で社会に売り込むかをずっと考えています。そのための有効な手段が男同士で飲みにいくことです。飲みに行くとやはり仕事が広がるみたいですね〜!

たまに伸びる男性で戦略的に飲みに行かない男性もいますが、それは超特殊パターンです。もう既に地位や財産を築いていて「飲みに行くと男の嫉妬が面倒くさいから俺はしばらく地下に潜る」というスタイルでこっそりとコツコツ働いているおじさんもいますが、こちらの場合も例外です。
仕事に体力勝負をかけている段階、年齢でいうと20代〜30代の独身男性の夜は飲みの予定が入っていると思いますよ。30代以降の男性は会食でおじさんの接待をよくしているイメージがありますね。終電なんて気にしていられません。

お金をそこまで持っていない社会人一年目男子だとしても、夜の街に住むとかすれば終電を気にしなくてもいいし先輩に奢ってもらうなどして人との出会いは作れます。そういう意識がある男性かどうかを彼が若いうちから目利きしておくと良いのです。
例えば、「恵比寿に住んでる男がかっこいい♡」というようなミーハー視点で男性をみるよりも「恵比寿に住むってことは仕事しながら男の付き合いもしっかりとやる人なんだろうな」というように、中身の部分を見抜けるようになったほうが良いのです。

2.彼に対して彼女がダメ出しをした時にどんな対応をするのかチェック!

少し勇気が要りますが、彼のやっていることや考えに筋が通っていないところを発見したら、指摘して矛盾点を突いてみるのです。もちろん正確な指摘でないといけないので、自分の意見に責任をもつ必要がありますが。

思いやりをもって「これは良くないと思うんだよねぇ」というような耳の痛い話をしてみると、彼の伸びしろを見抜くことができます。

「伸びない男性」は痛いところを突かれた時にどんな対応をするかというと、プライドが高いので「女なんかにそんなことは言われたくはない」という気持ちを剥き出しにして反抗してきます。
間違った指摘ではないのに「あー残念。言った私が損しちゃったな」という気持ちにさせてくるのが伸びない男性です。そんな男性にあげる時間は1秒もありません。こういう時は即断捨離です。

逆に「伸びる男性」の対応はというと、プライドがありません。どこからでも吸収してやろうという気持ちだけがあります。仮に、年下女が耳の痛い話をしてボロクソに言ったとしても「おまえ、面白い奴だな~」と言って喜んでくれるんですよね。
器がでかいと思いませんか?そういった男性は超逸材だから絶対に手放しちゃダメなんです!恋愛してもしなくてもいいけど友達として仲良くなるのも楽しい相手です。

そういえば、20代の頃に、知り合いがクラブで大きなパーティーをやっていたので呼ばれて行ってミニスカートで踊り狂っていた日がありました。暗闇のなかである男性にナンパされたんです。「脚、超綺麗だね」って言われて。「いやいや、そんなのは当たり前だから。いくらカネかけたと思ってんだよー!」って強気に言い返したんです。その一言がインパクト強かったらしく「おやおや、生意気で面白い奴だな」なんて言われて、結局その後、仲良くなりました。彼は数年後に大成功していました。

ちなみに超高速で伸びる男性たちは、キレッキレで生意気な女が大好物です。自分の枠を広げてくれる存在として面白く扱われます。自分の限界を自分で設定している男性ほど生意気な女が嫌いで「お前、何様なの?」「謙虚になったほうがいいよ」などと言って自分の支配下に置こうとしてきます。そうなると全然、将来性を感じさせてくれないし、面白くないんですよね〜。

3.「休日」という概念があるかをチェック!

「伸びる男性」はとんでもない努力家ということを理解しておくといいでしょう。「そこまで仕事して大丈夫なのかなぁ」と周囲が心配するぐらいやる人かどうかをチェックします。もちろん「休日」なんて概念はありません。誰よりも働く人は誰よりも伸びる人です。

最年少で出世したサラリーマンや起業してうまくいってる男性など「伸びる男性」たちと知り合いですが観察していると同時にこなしている仕事量も多くて恐ろしいぐらい働いています。でも、SNSを覗くとご飯や娯楽に関する投稿があったりするので外からみるとなんか遊んでいるように見えたりするものなんです。SNSのイメージではなくて実生活のコツコツした彼の努力を見ることが大切です。

「俺は同世代の奴らが休んでる時間まで働く」という意欲があるかどうか。特に若くて体力がある頃からガンガン働いて結果をだしてきた人というのは、努力する癖も勝ち癖もついているため、「俺には出来る」という自信の塊です。どんな困難があったとしても諦めずに乗り越える癖がついています。
ちなみに「人生に遅いなんてことはない」みたいな文句がありますが、あれは嘘だから間に受けないほうがいいのです。人生の勝負が決まるのは前半です。男も女も人生前半戦をどれだけ飛ばせたかで将来が変わってきます。

30代後半で既に大成している男友達が何人かいますが、話を聞くと、10代後半から誰よりも努力してリスクを取る人生選択をしてきたのがよくわかります。仮に、その姿をみた同世代の男性が彼らのレベルに追いつこうとしたって絶望的な「経験の差」が開いてしまっているんです。

「伸びる男」と「伸びない男」の見抜き方【後編】は、8/12(土)21時配信予定!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!